【プラレール評点】E233系1000番台 京浜東北線

プラレール E233系 京浜東北線


タカラトミーモール「プラレールショップ」


いまは、東京のどこでも走っているE233系です。E231系の「でぶっちょ」フォルムも継承されていて、息子も大好きな電車です。では、その点数は?

「E233系 京浜東北線」の豆知識

E233系はJR最大勢力!

E233系

E233系(Photo by:Shokawasharyo)

E233系は、JR東日本の通勤・近郊形電車の標準車として、E231系を進化させた直流電車です。

開発において、「制御系などを二重化することで故障しにくい」「デザインや設備などでバリアフリー、ユニバーサルデザインを用いて人に優しく」「車両の基本性能を上げる」「情報案内装置の設置」「車体強度をさらに高く」などが考慮されている。

3000両以上を製造され、現在はJR最大勢力となっています。

京浜東北線は、E233系の中でも最多!

E233 京浜東北線

E233 1000番台 京浜東北線(Photo by:Sui-setz)

京浜東北線は、1000番台として10両83編成 (830両)が製造されました。

この830両という製造数は、E233系の中でも最多数となります。

2位の中央・青梅線のE233系0番台でも668両ですから、ダントツですね。

幻となったのE233系の6扉車!?

209系

6扉車を連結していた209系 (Photo by:Sui-setz)

209系0番台では6号車に連結されていた6扉車は当初E233系にも連結する予定でした。

以下の理由により、6扉車を連結しないこととなりました。

  1. 京浜東北線のピーク時の混雑率が年々緩和されていること
  2. 上野東京ラインの開業などによりさらに混雑緩和が見込まれること
  3. 拡幅車体による定員が増加すること
  4. 常時着席のニーズが高いこと

E233系の6扉車を見てみたかった! 

商品概要

プラレール S-33 E233系京浜東北線
amazon プラレール S-33 E233系京浜東北線

 商品名 Sー33 E233系京浜東北線
販売方法 通常販売(2015年2月〜)
希望小売価格 2,000円(税抜)
 電池 単3電池 1本使用(別売)
機能 2スピード仕様

先頭車

ボディ

プラレール E233系 京浜東北線

前面

「各駅停車 京浜東北線」と表示があります。

先頭車と後尾車では、前照灯と尾灯の色が違います。

プラレール E233系 京浜東北線

先頭車

窓はくり抜かれているタイプです。

プラレール E233系 京浜東北線

先頭車

側面の行き先表示は、なにも表示してありません。

動力部

プラレール E233系 京浜東北線

動力部

「マスコン」「笛コン」に対応したシャーシです。

速度変更は、2段階で、電池は、単3電池です。

中間車

プラレール E233系 京浜東北線

中間車

パンタグラフ搭載車となっています。

ただし、E233系のパンタグラフは、シングルアーム型ですが、この商品は菱形タイプとなっており、実車とは異なります。

また、E233系の特徴である側面の膨らみは再現されていません。

プラレール E233系 京浜東北線

中間車

後尾車

プラレール E233系 京浜東北線

後尾車

非動力車です。デザインは、先頭車とほぼおなじ。

プラレール E233系 京浜東北線

後尾車

評点・まとめ

hoshi_4.04.1

項目 点数 大きな減点理由
ボディのクオリティ 1.6点/2.0点  特徴である丸みがない
再現性の高さ 1.6点/2.0点  側面行き先表示なし
ギミックのクオリティ 0.9点/1.0点 ライトなどのギミックなし 

フロントマスクは、よくできています。

しかし、パンタグラフが菱形であったり、側面の膨らみが再現されていなかったり、屋上・側面の出来はちょっと残念でした。

100両以上のプラレール車両を採点!評点ランキング(プラレール車両編)

2016.06.28

評価基準
1点…買わない方がいい 2点…この値段でこれは高い 3点…値段相当 4点…おすすめ! 5点…もし見つけたら絶対買ったほうがいい!

安く買うならAmazon・楽天市場がおすすめ

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧