【プラレール評点】E257系0番台 あずさ・かいじ

プラレール E257系 あずさ


タカラトミーモール「プラレールショップ」


E257系は、息子が大好きな車両のひとつです。パッケージからはよくわからないのですが、貫通車、非貫通車の両デザインを再現していました。では、その点数は?

「E257系 あずさ」の豆知識

武田信玄の家紋がワンポイントの特急電車

E257系 0番台

E257系 0番台 (11両編成では、両方とも先頭車は非貫通車)

中央線の主に新宿~甲府・松本間を運転している「あずさ」「かいじ」用の特急車両。

JR東日本が183系・189系の置き換えのために2001年より投入しました。

車体色は白を基調として、車体側面には武田氏家紋である「武田菱」を模した大きなブロック模様が描かれ、その配色は車両ごとに異なっています。

武田氏は、甲斐(現甲府周辺)を中心に活躍した武将で、「武田信玄」が有名ですね。

半端な9両編成である理由

E257系 0番台

E257系 0番台 (9両編成の運行では新宿寄りが貫通車となる)

編成は基本編成の9両編成と、増結用の2両編成があります。

2016年4月現在、松本車両センターに9両編成16本(144両)と2両編成5本(10両)の計154両が在籍しています。

なぜ、基本編成が9両編成と中途半端なんでしょうか?
10両編成のほうが、きりがいいですよね。

そして、なぜ2両だけの中途半端な増結をするのでしょうか?
2両だけ増結するなら、固定の11両編成にすればいいですよね。

できない理由があるんです。
それは、松本車両センターと一部直通運転している大糸線の有効長(車両が停車できる限界)が関係しています。

松本車両センターの車庫も大糸線のホームも、基本9両編成の車両までしか停車できません。

10両編成だとはみ出してしまうのです。

しかし、輸送量を満たすためには、9両編成だと足りないので、2両だけでも増結させるのです。

まもなく中央線は引退 

E353系

まもなくE257系と置き換えられるE353系(Photo by: DAJF)

今後、新型車両E353系の投入により、E351系と共に置き換えられる予定です。

置き換え後は別の特急列車に転用される予定で、候補としては「踊り子号」などが挙がっています。

【プラレール評点】E353系 量産先行車

2016.08.07

商品概要

プラレール S-23 E257系あずさ

amazon プラレール S-23 E257系あずさ

商品名 Sー23 E257系あずさ(販売終了)
販売方法 通常販売(2007年3月〜2016年8月)
希望小売価格 1,800円(税抜)
 電池 単2電池 1本使用(別売)
機能 2スピード仕様

先頭車

ボディ

プラレール E257系 あずさ

前面

先頭・後尾車は、貫通(11号車)と非貫通(3号車)です。

箱だけみても、貫通車が入っているのかよくわかりませんが、ちゃんと貫通車が入っています。

前面デザインは良く仕上がっています。かっこいい〜!!

プラレール E257系 あずさ

先頭車

先頭車は「非貫通車」で、実車では「11号車」になります。

実車の屋根は、グレイですが、プラレールでは真っ白です。

それが原因で、安っぽい仕上がりになっています。

プラレール E257系 あずさ

先頭車

E257系0番台の特徴である「武田菱」は、ちょっと明るすぎると思います。

実車は、もう少し落ち着いたカラーですね。

動力部

プラレール E257系 あずさ

動力部

爪で固定しているタイプなので、ドライバーは不要です。

中間車

プラレール E257系 あずさ

中間車

中間車には、パンタグラフが搭載されています。

「転落防止幌」もちゃんと再現されています。

プラレール E257系 あずさ

中間車

ドアは、くり抜かれていますが、窓は、黒く塗装して再現してあり、仕上がりは安っぽいですね。

後尾車

プラレール E257系 あずさ

後尾車

後尾車は「貫通車」で、実車では「3号車」になります。

プラレール E257系 あずさ

後尾車

非動力車です。デザインは、先頭車とほぼおなじ。

評点・まとめ

hoshi_3.53.9

項目 点数 主な採点理由
ボディのクオリティ 1.4点/2.0点   塗装が安っぽい
再現性の高さ 1.6点/2.0点  icon-plus-circle 貫通車を再現している 
ギミックのクオリティ 0.9点/1.0点   ライトなどの特殊ギミックなし

前面の仕上がりは、素晴らしです。特に、あえて貫通車を商品化してくれたのは、嬉しいですね。

ただ、それ以外の屋根部分と側面の仕上がりがイマイチで、安っぽくなってしまっています。

100両以上のプラレール車両を採点!評点ランキング(プラレール車両編)

2016.06.28

評価基準
1点…買わない方がいい 2点…この値段でこれは高い 3点…値段相当 4点…おすすめ! 5点…もし見つけたら絶対買ったほうがいい!

安く買うならAmazon・楽天市場がおすすめ

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧