【プラレール評点】E353系 量産先行車

プラレール E353系 量産先行車


タカラトミーモール「プラレールショップ」


まだ営業運転していませんが、E353系が早くもプラレールで登場しました。では、その点数は?

「E353系 量産先行車」の豆知識

中央本線の新型特急E353系

E353系

E353系(Photo by: DAJF)

E353系は、中央本線で20年以上使用しているE351系の老朽化による置き換えのため、JR東日本が製造した直流特急形車両です。

主に、新宿駅ー松本駅間を運行している「特急あずさ」として使用する予定です。

編成は、E351系が「基本編成8両+付属編成4両」であるのに対し、E353系は「基本編成9両+付属編成3両」となっています。

量産先行車として総合車両製作所で製造され、2015年7月25日に出場し、現在、1年が経過しましたが、性能評価や技術検証などを行っており、2016年8月時点では営業運転はまだ未定となっています。

商品概要

プラレール S-23 E353系 量産先行車

amazon プラレール S-23 E353系 量産先行車

商品名 Sー23 E353系 量産先行車
販売方法 一般販売(2016年8月4日発売)
希望小売価格 2,000円(税抜)
 電池 単3電池 1本使用(別売)
笛コン・マスコン対応 ◯対応
機能 2スピード仕様

先頭車

ボディ

プラレール E353系 量産先行車

前面(左:先頭車、右:後尾車)

前面には「E353」のロゴがシールで貼ってあります。

プリントされていないのは残念ですね。

プラレール E353系 量産先行車

先頭車(進行方向←)

実車では、12号車で松本寄りの先頭車になります。

運転席の以外のすべての窓が、「くり抜き式」で加工されています。

プラレール E353系 量産先行車

先頭車(進行方向→)

側面には「E353系」のイメージロゴがあるのですが、再現されていません。

動力部

プラレール E353系 量産先行車

シャーシ

シャーシは、「笛コン、マスコン」対応で、電池交換には、ドライバーが必要なタイプです。

中間車

プラレール E353系 量産先行車

中間車(進行方向←)

実車では、基本編成の5号車となるダブルパンタグラフ搭載車です。

直線的なボディーではなく、実車同様に車体の裾絞りも再現されています。

プラレール E353系 量産先行車

中間車(進行方向→)

側面の行先表示器には、なにも表示されていません。

後尾車

プラレール E353系 量産先行車

後尾車(進行方向→)

実車では、4号車で基本編成における東京寄りの先頭車になります。

プラレール E353系 量産先行車

後尾車(進行方向←)

実車では、この車両に連結し、3両増結することができます。

プラレールでも連結仕様にしてくれれば・・・。

評点・まとめ

hoshi_4.0.4

項目 点数 主な採点理由
ボディのクオリティ 1.8点/2.0点   裾絞りなどボディをこまかく再現している
再現性の高さ 1.7点/2.0点   ロゴがシール。側面のロゴを再現していない
ギミックのクオリティ 0.9点/1.0点   ライトなどの機能なし。連結仕様してほしかった。

金型がよくできていますし、塗装も実車に近いですが、一部にシールを使用しているのが残念です。

また、連結し運行する車両なので、681系287系のように連結仕様にして欲しかった。

100両以上のプラレール車両を採点!評点ランキング(プラレール車両編)

2016.06.28

評価基準
1点…買わない方がいい 2点…この値段でこれは高い 3点…値段相当 4点…おすすめ! 5点…もし見つけたら絶対買ったほうがいい!

安く買うならAmazon・楽天市場がおすすめ

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧