【プラレール評点】京急電鉄 2100形

プラレール 京急2100形


タカラトミーモール「プラレールショップ」


2007年に販売して人気のため売り切れとなっていた「サウンドプラレール京急2100形(赤)」が、2016年6月再販されることになり、ようやく購入することができました。では、その点数は?

「京急2100形」の豆知識

特急用に製造された2100形

京急2100形

京急2100形 (Photo by:HonAtsu)

 京急2100形は、1998年に営業運転を開始した京浜急行電鉄の電車です。

2000形の後継車として、8両編成10本(合計80両)が製造され、主に京急本線・久里浜線を運行する快特・ウィング号の運用に使用されています。

2100形は、2扉車となっており、室内はオールクロスシートで上質なサービスを提供しています。

歌うのをやめた2100形

ドイツシーメンス社製の「VVVFインバータ制御装置(モーターを効率良く制御するための装置)」を使用していた2100形は、発車時に音階のような音を発することから、「ドレミファインバータ」「歌う電車」などと呼ばれていました。

しかし、外国製の機器は保守においてデメリットが多く、2014年9月までに2100形の「VVVFインバータ制御装置」が全て日本製に変更されました。

その変更に伴い、音階を発することがなくなり、歌わなくなりました。

今回のプラレールは、「ドレミファインバータ」搭載車を再現しています。

商品概要

商品名 サウンドプラレール京急2100形(赤)
販売方法 限定販売(2016年6月再販)
販売店:おとどけいきゅう、京急駅売店など
希望小売価格 2,900円(税込)
 電池 単2電池 1本使用(別売)
笛コン・マスコン対応 ×未対応
機能 1スピード仕様

▼発売に関する記事はこちら▼

【限定】 「サウンドプラレール京急2100形(赤)」2016年6月に再販

2016.06.16

先頭車

ボディ

プラレール 京急2100形

全面(左:先頭車、右:交尾車)

この車両は、4次車の2165編成で、行き先は「快特|三崎口」になっています。

新1000形」と同様に、連結器がないので、のっぺらした顔になっています。

プラレール 京急2100形

先頭車(進行方向←)

先頭車は、2165号車となっています。

2100形の特徴をうまく再現してあります。

プラレール 京急2100形

先頭車(進行方向→)

側面の行先表示器にも、ちゃんと「快特|三崎口」とあります。

動力部

プラレール 京急2100形

動力部

マスコン・笛コンは未対応です。

爪でボディを固定するタイプなので、ドライバー不要で電池交換ができます。

中間車

ボディ 

プラレール 京急2100形

中間車(進行方向←)

中間車は、ダブルパンタグラフ搭載車です。

プラレール 京急2100形

中間車(進行方向→)

窓は、塗装で再現してあり、少し安っぽく見えます。

京急のプラレールは、窓を塗装するタイプが多いですね。

サウンド部

プラレール 京急2100形

サウンド車

中間車がサウンド車になっていて、単4電池を2個使用します。

発車時に「ドレミファインバータ」の音がなります。

走行時には、走行音とランダムで警笛がなり、そして、停車時には、ブレーキ音がなります。

かなり、リアルな音で完成度が高いです。

後尾車

プラレール 京急2100形

後尾者(進行方向→)

先頭車は、2172号車となっています。

プラレール 京急2100形

後尾者(進行方向←)。

新1000形」と比べてみると、赤の塗装が少し濃いめです。

赤の塗装は、「新1000形」の方が近いです。

評点・まとめ

hoshi_4.5.3

項目 点数 主な採点理由
ボディのクオリティ 1.6点/2.0点   窓が安っぽく見える
再現性の高さ 1.7点/2.0点   連結器が再現されていない
ギミックのクオリティ 1.0点/1.0点   サウンドの完成度が高い

再販してくれて、本当嬉しいですね。

サウンド部分は、かなり完成度が高いものでした。

100両以上のプラレール車両を採点!評点ランキング(プラレール車両編)

2016.06.28

評価基準
1点…買わない方がいい 2点…この値段でこれは高い 3点…値段相当 4点…おすすめ! 5点…もし見つけたら絶対買ったほうがいい!

「おとどけいきゅう」はこちらから

おとどけいきゅう オンラインショップ

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧