【プラレール評点】熊本電鉄01形 くまモンバージョン

熊本電鉄01形 くまモンバージョン
熊本電鉄

今回の商品は、「熊本電鉄01形 くまモンバージョン」です。

では、この商品の点数は?

「熊本電鉄01形 くまモンバージョン」について

 

熊本電鉄01形 くまモンラッピング仕様(Photo by:Rsa / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0

東京メトロの銀座線で運用されていた車両を熊本電鉄が譲り受け、改造した車両です。

熊本復興支援の一環として、2016年6月より車体に熊本県の人気キャラクター「くまモン」をラッピングした「くまモンのラッピング電車」が運行されています。

商品概要

 

商品名 プラレール ぼくもだいすき! たのしい列車シリーズ 熊本電鉄 01形 ラッピング電車 くまモンバージョン
 amazon      楽天
販売方法 一般販売
販売期間 2018年1月
希望小売価格 2,000円(税抜)
 電池 単2電池 1本使用(別売)
のせかえシャーシ(マスコンなど対応) ×未対応
機能 1スピード仕様

全体

熊本電鉄01形 くまモンバージョン

「熊本電鉄01形 くまモンバージョン」は、「ぼくもだいすき! たのしい列車シリーズ」から発売され、実車と同じ2両編成で商品化されています。

以前発売されていた「銀座線01形」の金型を流用しているため、熊本電鉄転籍に際に行った改造は再現されていません。

再現されていない点

  1. 転籍時に設置したパンタグラフ(シングルアーム 2基)がない
  2. 転籍時に設置したドアミラーがない
  3. 転籍時に設置したドアステップがない

屋上

屋上部は色分けして、塗装されていてgood!!

前述しているように、金型を流用しているので、パンタグラフは再現されていません。

前面(左:先頭車、右:後尾車)

前面にもくまモンがいます。

銀座線として販売されていた時は、前照灯が点灯しましたが、この商品はライトがつきません。

先頭車

ボディ

先頭車(進行方向←)

先頭車(進行方向→)

先頭車(進行方向→)

先頭車(進行方向←)

屋上部・側面の全てが塗装されており、その上にくまモンがプリントされています。

窓部のくまモンが目立つように、窓は青く塗装してあります。

青い窓は、少し違和感ありますが、仕方なしですね。

動力部

動力部

動力部は、単2電池を使用する旧型です。

そのため、「マスコン」「笛コン」対応は、対応していません。

後尾車

後尾車(進行方向←)

後尾車(進行方向→)

後尾車(進行方向←)

後尾車(進行方向→)

後尾車の各部にもくまモンがたくさんいます。

後尾車には、運転台上部の採光口から光を取り込み、テールライトが光って見えるギミックがあるのですが、ほとんど変化がなくイマイチです。

評点・まとめ

.6

項目 点数 主な採点理由
ボディのクオリティ 1.9点/2.0点   ボディの完成度が高い
  車体全体を塗装してある(成型色が見えない)
再現性の高さ 1.8点/2.0点   カラーの再現度が高い
  金型が銀座線の流用で熊本電鉄特有の仕様は再現されていない
ギミックのクオリティ 0.9点/1.0点   安定した走行が可能
  テールランプのギミックはあまり意味がない

車体全体が塗装されていて、ボディの完成度は高め。

しかも、くまモンがかわいい!!

熊本電鉄特有の仕様が再現されていないのは、残念ですが、気にはなりません。

100両以上のプラレール車両を採点!評点ランキング(プラレール車両編)

2016.06.28

評価基準
1点…買わない方がいい 2点…この値段でこれは高い 3点…値段相当 4点…おすすめ! 5点…もし見つけたら絶対買ったほうがいい!

最安値を探す!

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧