【プラレール評点】名鉄 1000系 パノラマスーパー

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー
プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー
名古屋鉄道

今回の商品は、プラレール博などのイベントで限定発売されている「名鉄 1000系 パノラマsuper」です。

約30年前の1989年に単品販売された商品をベースにイベントで限定発売しているものなので、かなりのクラシックモデルとなっています。

では、この商品の点数は?

「名鉄1000系 パノラマスーパー」の豆知識

 ハイデッカー仕様の前面展望席がある特急車両

名鉄1000系パノラマsuper

名鉄1000系パノラマsuper

名鉄1000系は、7000系の後継車として、1988年に登場した名古屋鉄道の特急形車両です。

愛称は「パノラマsuper」で、ハイデッカー仕様の前面展望席が設置されています。

登場時は、4両編成の全車特別車特急として運用していましたが、のちに、1000系2両と一般車の1200系4両で組成した、一部特別車編成となっています。

なお、4両編成の1000系は、2008年12月26日をもって定期運行を終えています。

商品概要

商品名 名鉄パノラマスーパー
販売方法 イベント販売(プラレール博など)
販売期間
希望小売価格 2,000円(税抜)
 電池 単2電池 1本使用(別売)
のせかえシャーシ(マスコンなど対応) ×未対応
機能 1スピード仕様

全体

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

名鉄パノラマスーパー

「名鉄パノラマスーパー」は、3両セットです。

今回の車両は、一般車混在編成ではなく、全車特別車で1000系のみの編成を再現しています。

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

屋上

実車の屋上は、グレーですが、この商品は、成形色(プラスチックの色)の白のままです。

また、パンタグラフが再現されていません。(実車では中間車にあります)

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

前面(左:先頭車、右:後尾車)

前面の大窓をクリアパーツで再現しているのは、プラスなポイントです。

しかし、前照灯と前面ロゴは、安っぽい仕上がりです。

そして、連結器は、再現されていません。

走行イメージ

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

先頭車

ボディ

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

先頭車(進行方向←)

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

先頭車(進行方向←)

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

先頭車(進行方向→)

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

先頭車(進行方向→)

先頭車は、「ク1000形」です。

ボディの成形色(プラスチックの色)は、白色です。

古いモデルなので、仕方ないのですが、この白色が、現在のプラレールに使用されている白とは違い、透明感が少しあるような乳白色のような色で、プラスチック感が強いのです。

ハイデッカーの窓以外の、ドアや窓はプリントで再現されています。

ドアのクオリティーが、古さを感じさせます。 

動力部

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

動力部

もちろん、動力部は、「マスコン」「笛コン」対応の「のりかえシャーシ」になっていません。

電池は単二電池で、ボディを爪で固定するタイプです。

中間車

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

中間車(進行方向←)

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

中間車(進行方向←)

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

中間車(進行方向→)

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

中間車(進行方向→)

中間車は、「モ1150形」です。

本来、搭載しているはずのパンタグラフが再現されていません

後尾車

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

後尾車(進行方向←)

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

後尾車(進行方向←)

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

後尾車(進行方向→)

プラレール 名鉄1000系 パノラマスーパー

後尾車(進行方向→)

後尾車は、「ク1100形」です。

車輪は、当時主流だった黄色となっています。

評点・まとめ

hoshi_3.0.0

項目 点数 主な採点理由
ボディのクオリティ 1.0点/2.0点   展望席窓にクリアパーツを使用
 icon-minus-circle 車輪が黄色
  プラスチック感が強い
再現性の高さ 1.1点/2.0点   パンタグラフがない
  屋根が無塗装
ギミックのクオリティ 0.9点/1.0点   安定した走行が可能
  前照灯・光頭灯が点灯する

展望窓にクリアパーツを使用するなど、発売した当時は、相当品質が高い方だったと思います。

しかし、30年近くが経過し、現在のプラレールの品質は格段に向上していて、その商品と比較すると、大きく見劣りします

この商品を購入する場合は、「クラシックモデル」だと思って割り切った方が良いですね。

100両以上のプラレール車両を採点!評点ランキング(プラレール車両編)

2016.06.28

評価基準
1点…買わない方がいい 2点…この値段でこれは高い 3点…値段相当 4点…おすすめ! 5点…もし見つけたら絶対買ったほうがいい!

Amazon・楽天市場で価格を見る

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧