【プラレール評点】相模鉄道7000系

プラレール 相模鉄道7000系


タカラトミーモール「プラレールショップ」


今回の商品は、相鉄限定で発売されている「相模鉄道7000系」です。

まだ販売していましたが、在庫が少なくなってきているようです。

気になる方はお早めに。

では、この商品の点数は?

「相模鉄道7000系」の豆知識

 廃車が進む7000系

相鉄7000系(Photo by:Niyute)

相鉄7000系(Photo by:Niyute)

相鉄7000系は、1975年から運行している相模鉄道の通勤型電車です。

本系統には、1975年〜1985年にかけて製造された7000系と、1986年〜1989年にかけて製造された新7000系があり、外観も異なります。

今回プラレール化されているのは、旧式の7000系です。

この車両は、製造から40年ちかく経過しており、順次廃車が進んでいます。

現在は、8両3編成が活躍していますが、新塗装「YOKOHAMA NAVYBLUE」への塗装変更の対象外であり、新型の20000系によって置き換えられる予定となっています。

商品概要

商品名 相模鉄道7000系
販売方法 限定販売
相鉄グッズショップ そうにゃん 海老名店など)
販売期間 2012年8月
希望小売価格 2,500円(税込)
 電池 単2電池 1本使用(別売)
笛コン・マスコン対応 ×未対応
機能 ライト機能

全体

プラレール 相模鉄道7000系

相模鉄道7000系

「相模鉄道7000系」は3両セットです。

プラレール 相模鉄道7000系

屋上

屋上の機器・パンタグラフは塗り分けされていません。

7000系の特徴である、ガーランド形(十字形)のベンチレーターが再現されています。

プラレール 相模鉄道7000系

前面(左:先頭車(ライト点灯中)、右:後尾車)

車体番号、企業ロゴ、行先・種別など、丁寧に再現されています。

先頭車には、ライト機能が付いています。

かなりリアルでかっこいいです。

走行シーン

プラレール 相模鉄道7000系

先頭車

ボディ

プラレール 相模鉄道7000系

先頭車(進行方向←)

プラレール 相模鉄道7000系

先頭車(進行方向←)

プラレール 相模鉄道7000系

先頭車(進行方向→)

先頭車は、「7007形」です。

ボディは、シルバーの塗装をベースに、ラインカラーなど各部塗装してあり、成形色(プラスチックの色)のままの部分がなく、リアルな仕上がりになっています。

車体番号やロゴも再現されています。

動力部

プラレール 相模鉄道7000系

動力部

今回、動力部は「マスコン」「笛コン」に対応していません。

電池は、単2電池で、交換にはドライバーが必要です。

中間車

プラレール 相模鉄道7000系

中間車(進行方向←)

プラレール 相模鉄道7000系

中間車(進行方向←)

プラレール 相模鉄道7000系

中間車(進行方向→)

中間車は、パンタグラフ搭載車の「7102形」です。

ドア窓は「くりぬき型」、座席窓は「黒塗装」となっています。

ボディフォルムのクオリティは、高いです。

後尾車

プラレール 相模鉄道7000系

後尾車(進行方向←)

プラレール 相模鉄道7000系

後尾車(進行方向←)

プラレール 相模鉄道7000系

後尾車(進行方向→)

後尾車は、「7501形」です。

側面の種別は、表示なしです。

評点・まとめ

hoshi_4.5.8

項目 点数 主な採点理由
ボディのクオリティ 1.9点/2.0点   フォルムは完成度が高い
  全体を塗装してある(成形色のままでない)
再現性の高さ 1.9点/2.0点   カラーの再現性が高い
  車体番号・ロゴなどを再現
ギミックのクオリティ 1.0点/1.0点   安定した走行が可能
  ライト機能付き

全体を塗装してあるので、完成度が高いです。

また、ライトが付いているので、よりリアルで、良くできた商品です。

100両以上のプラレール車両を採点!評点ランキング(プラレール車両編)

2016.06.28

評価基準
1点…買わない方がいい 2点…この値段でこれは高い 3点…値段相当 4点…おすすめ! 5点…もし見つけたら絶対買ったほうがいい!

相模鉄道のホームページ

▶︎相模鉄道 相鉄ファン(電車グッズページ)

Amazon・楽天市場で価格を見る

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧