【プラレール評点】100系新幹線

プラレール 100系新幹線


タカラトミーモール「プラレールショップ」


100系新幹線は、販売終了になってからしばらく経ちますますが、まだで定価以下で販売していたのを見つけて買ってみました。では、その点数は?

「100系新幹線」の豆知識

2代目の東海道・山陽新幹線

100系新幹線

100系新幹線(Photo by:DAJF)

100系新幹線は、1985年から1992年まで2代目東海道山陽新幹線用車両として製造された車両です。

初期の塗装は、0系よりも明るい「白3号」をベースに、窓周りは0系と同じ「青20号」を使用しました。この組み合わせは、100系以降引き継がれ、最新型のN700系も同じ組み合わせになっています。

人気があった2階の食堂車

100系2階建車両

リニア・鉄道館に展示されている100系2階建車両(Photo by:Rsa)

100系新幹線の大きな特徴は、シャープなフロントマスクから「シャークノーズ」と呼ばれたデザインと、新幹線で初めて導入した2階建車両の存在です。

2階建車両の2階部分には、車窓が良好であり、乗客の通り抜けがないことからグリーン席や食堂が設置され、1階部分には、普通車指定席、カフェテリア、個室が設定されました。

2階に設置された食堂車は、行列ができるほど人気がありました。

商品概要

プラレール S-04 100系新幹線

amazon プラレール S-04 100系新幹線

商品名 Sー04 100系新幹線(販売終了)
販売方法 一般販売(2002年7月〜2014年6月)
希望小売価格 1,800円(税抜)
 電池 単2電池 1本使用(別売)
笛コン・マスコン対応 ×未対応
機能 2スピード仕様

先頭車

ボディ

プラレール 100系新幹線

前面(左:先頭車、右:後尾車)

シャープなフロントマスクが、忠実に再現されています。

特に、ヘッドライトが塗装やシールでなく、プラスチックで再現されているのはポイントが高いですね。

プラレール 100系新幹線

先頭車(進行方向←)

運転席・側面窓は、くり抜かれているタイプです。

プラレール 100系新幹線

先頭車

スカートを再現するために、側面の足回りが、青く塗装されていて、変に目立っています。

もう少し目立たないグレーだったら、良かったのですが、残念です。

動力部

プラレール 100系新幹線

シャーシ

シャーシは、「笛コン、マスコン」非対応です。

ボディを爪で固定するタイプなので、電池交換にドライバーは不要です。

中間車

プラレール 100系新幹線

中間車(進行方向←)

中間車は、ダブルデッカー車となっています。

プラレール 100系新幹線

中間車(進行方向→)

窓とドアの配置から「グリーン席」として運用していた車両を再現していると思われますが、グリーン車マークはありません。

後尾車

プラレール 100系新幹線

後尾車(進行方向→)

テールランプは赤くなっています。

プラレール 100系新幹線

後尾車(進行方向←)

側面の行先表示器には、なにも表示されていません。

評点・まとめ

hoshi_4.0.3

項目 点数 主な採点理由
ボディのクオリティ 1.7点/2.0点   ヘッドライトの完成度が高い
再現性の高さ 1.7点/2.0点   行先表示などがない
ギミックのクオリティ 0.9点/1.0点   ライトなどの特殊ギミックなし

かなり昔に製造された車両だったので、あまり期待はしていなかったのですが、なかなかのクオリティでした。

特に、ヘッドライトの完成度が高く、よい出来でした。

100両以上のプラレール車両を採点!評点ランキング(プラレール車両編)

2016.06.28

評価基準
1点…買わない方がいい 2点…この値段でこれは高い 3点…値段相当 4点…おすすめ! 5点…もし見つけたら絶対買ったほうがいい!

安く買うならAmazon・楽天市場がおすすめ

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧