【プラレールアドバンス評点】N700A新幹線(2016年版)

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)


タカラトミーモール「プラレールショップ」


今回の商品は、プラレールアドバンスの「N700A新幹線」です。

この商品は、2016年にリニューアルされたもので、「ACS」に対応しています。

では、この商品の点数は?

「N700A新幹線」の豆知識

N700は700系をベースにした快適性を重視した新幹線

N700

N700系(Photo by:Mitsuki-2368)

N700系は、700系をベースに、さらなる高速性と快適性・環境性能向上を目指して開発され、2007年7月1日から営業運転を開始しました。

車数字の前に表記される N は、「 new」 や「 next」 の略です。

この車両は、曲線区間でも高速走行できるよう、車体傾斜システムの搭載しており、東海道新幹線の約3分の2以上の区間で270km/hで走行できるようになりました。

それにより、東京駅 – 新大阪駅間では従来の500系・700系の「のぞみ」と比べて運行時間は最大5分短縮しました。

2013年2月8日に、ブレーキや車体傾斜システムなどの機能が向上した「N700A」が登場します。

ちなみに、「A」は「Advanced(進歩した)」の略です。

商品概要

プラレール アドバンス AS-01 N700A新幹線のぞみ (ACS対応)

Amazon プラレール アドバンス AS-01 N700A新幹線のぞみ (ACS対応)

商品名 AS-01 N700A新幹線のぞみ(ACS対応)
販売方法 一般販売(2016年4月〜)
希望小売価格 2,500円(税抜)
 電池 単4電池 1本使用(別売)
ACS対応 ◯対応
備考  

全体

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)

AS-01 N700A新幹線のぞみ(ACS対応)

「AS-01 N700A新幹線のぞみ(ACS対応)」は、4両セットです。

この商品は、ACSに対応しています。

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)

屋上

屋上のパンタグラフと防音壁はグレーで塗装されています。

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)

N700A新幹線

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)

前面(左:先頭車、右:後尾車)

特徴的な前面フォルムは、丁寧に再現されています。

走行シーン

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)

1両目(先頭車)

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)

先頭車(進行方向←)

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)

先頭車(進行方向→)

1両目は、「783-1000」です。

ボディは、成形色(プラスチックの色)の白に、青のラインや窓がプリントされています。

「N700A」のロゴは、シール加工になっています。

2両目(動力車)

ボディ

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)

動力車(進行方向←)

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)

動力車(進行方向→)

動力車は、「785-1000」です。

動力部

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)

動力部

動力車は、ACSに対応しています。

電池は単4電池で、交換にはドライバーが必要です。

3両目(中間車)

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)

中間車(進行方向←)

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)

中間車(進行方向←)

3両目は、パンタグラフ搭載車の「785-1300」です。

中間車の側面のロゴもシールです。

4両目(後尾車)

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)

後尾車(進行方向←)

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)

後尾車(進行方向←)

4両目は、「784-1000」です。

側面のボディのフォルムは、完成度が高いです。

2013年度版(ACS未対応版)との比較

2013年度版との大きな違いは、ACSに対応したことです。

それに伴い、動力車の屋上部に機器スペースが必要となり、パンタグラフ搭載車の「785-1500」から非搭載車の「783-1000」に変更されています。

また、2013年度版にはあった「前面の編成名(G1と表示)」「側面JR東海ロゴ」が省略化されています。

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)

ボディの完成度は変わらないが、側面JRロゴなどが省略されている(左:2016年度版、右:2013年度版)

プラレールアドバンス N700A新幹線(ACS対応)

中間2両が変更されている(左:2016年度版、右:2013年度版)

変更点をまとめると・・・

  1. ACS対応
  2. 動力車の変更(785-1300→785-1000)
  3. 中間車の変更(785-1500→785-1300)
  4. 前面の編成名の省略
  5. 側面のJR東海ロゴの省略

また、値段の変更はありませんでした。

評点・まとめ

hoshi_4.0.4

項目 点数 主な採点理由
ボディのクオリティ 1.7点/2.0点   ボディの完成度が高い
  側面ロゴがシール
  成形色の面積が広い
再現性の高さ 1.8点/2.0点   特徴的なフォルムを再現
  側面車体番号・行き先表示などが再現されていない
ギミックのクオリティ 0.9点/1.0点   ACS対応

旧版(2013年度版)と変わらず、ボディの完成度は高いですね。

ACS対応となってギミック機能は向上したものの、JR東海ロゴなどが省略されていたのは残念。

プラレールアドバンスを採点!評点ランキング(プラレールアドバンス車両編)

2017.03.16

評価基準
1点…買わない方がいい 2点…この値段でこれは高い 3点…値段相当 4点…おすすめ! 5点…もし見つけたら絶対買ったほうがいい!

安く買うならAmazon・楽天市場がおすすめ

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧