シンカリオン第15話「北へ!!シンカリオン H5はやぶさ」 公式サイトで見逃し視聴とあらすじ

シンカリオン アニメ情報

「新幹線変形ロボ シンカリオン」の第15話は、『北へ!!シンカリオン H5はやぶさ』。

初音ミクとのコラボキャラ「発音ミク」が初登場する回です。

あらすじ

2018年4月21日(土)朝7時放送

第15話 北へ!!シンカリオン H5はやぶさ

ハヤトたちは、素早くシンカリオンを発車できるように訓練をしていた。

出水指令長たちは、敵の狙いが巨大怪物体を人口密集地に出現させ、彼らとシンカリオンの存在を公にすることだと予想していた。そうなったら、パニックが広がって戦いにくくなる。そうならないためにも、シンカリオンの素早い到着で阻止する必要があったからだ。

訓練中のハヤトは、少し風邪気味だった。前日の夜、テレビで「北海道新幹線特集」を放送していて、風呂上がりに服を着ないでで見ていたため、体調を崩していた。

一方、エージェントのビャッコとセイリュウは北海道の函館山にいた。出水らの予想どおり、大宮から遠く離れた地で巨大怪物体を出現させようとしていた。そして、漆黒の新幹線が出現、その直後、クモと函館山のロープウェイのゴンドラを融合させた巨大怪物体(コードネーム:ロープスパイダー)も出現した。

ロープスパイダーに向け捕縛フィールドが射出され、「E5はやぶさ」「E6こまち」「E7かがやき」の3機は、ただちに出発した。しかし、函館地区は、発達した低気圧により降雪と強風に見舞われており、捕縛フィールドを長く維持することができない。さらに、ロープスパイダーは、鋼鉄でできたワイヤーロープの巣を張り巡らせ、捕縛フィールドを破壊しようとしていた。

大宮から発車した3機は、到着まで4時間近くかかるため、間に合いそうにない。

出水指令長は、北海道支部に「シンカリオンH5はやぶさ」の緊急出発を要請。

「H5はやぶさ」は、ただちに出発した。「H5はやぶさ」の運転士は、発音ミクだ。

捕縛フィールドに先着した「H5はやぶさ」は、「ユーバリ・ヒート・システム」を起動させ、捕縛フィールドに張り巡らさせたワイヤーをカイサツソードで切断。「ユーバリ・ヒート・システム」は、カイサツソードに搭載されている寒冷地仕様のシステムで特殊な熱源装置で暖めることで、寒冷地でも最大限の力が発揮できるようになっていた。

ようやく、ハヤトたちも青函トンネルを通過し、捕縛フィールドに到着した。

しかし、捕縛フィールド内には、ワイヤロープが張り巡らされていて、足場が安定しない。3機はロープスパイダーにダメージを与えることができないまま、「H5はやぶさ」がカイサツソードで敵を撃破した。

戦闘終了後、ハヤトたちは、新函館北斗駅地下にある「北海道支部」に来ていた。支部長は初老の男・大沼ソウヤ。

ミクは、新幹線やハヤトたちには興味がなく、冷たかった。

また、季節ハズレの寒気のせいで青森地区に強風警報が発令されていて、大宮にかえることができず、北海道支部に1泊することになった。

ハヤトたちは、時間もあったので、函館観光をすることに。大沼支部長のオススメで、「青函連絡船記念館 摩周丸」を訪れた。大沼支部長はこの摩周丸記念館の館長でもあった。

ハヤトたちが函館観光をしている間、ミクは日課の訓練を行っていた。観光をしているハヤトたちに「運転士とて少しでも腕を磨く気がないようですね」と、また冷たかった。

その日の夜、再びロープスパイダーが現れた。前回の25メートルから45メートルと巨大化していた。さらに冷凍用のコンプレッサーも取り込み、口から吐くワイヤーの威力も強化していた。

ハヤトたちとミクは、発車しようとするが、ハヤトの顔色が悪く、高熱があった。ミクには「体調管理もできないなんて、運転士失格」と言われ、ハヤトは体調不良で倒れてしまった。

←第14話「登場!!新たなるエージェント スザク」

→第16話「炸裂!!ミクとハヤトのダブルカイサツソード

→あらすじ一覧

【終了】最新話を無料配信

見逃しても大丈夫です!!

期間限定ですが、公式サイトで無料視聴できます!!

翌金曜日から最新話を視聴できる無料公式動画

第15話視聴期間:2018年4月27日(金)15:00〜2018年5月4日(金)14:59

動画サイト:❶YouTube「シンカリオンTV」 ❷TVer ❸TBS FREE ❹GYAO! ❺YouTube「タカラトミーチャンネル」 ❻YouTubeの「コロコロチャンネル」

おすすめの有料配信

「無料配信が終わっちゃった・・・」

「1話から全話見たい!」

とう方は、下記の有料サービスで視聴ができます。

アニメシンカリオンの有料配信

Amazon ビデオ / Amazon プライム / dTV / Google Play / HAPPY!動画どうが / J:COMオンデマンド / ビデオパス / みるプラス / RakutenTV / TSUTAYA TV / アニメ放題ほうだい / U-NEXT / VIDEX / ニコニコにこにこ動画どうが / ひかりTV

この中で「シンカリオン」視聴するのにオススメのサービスは、「Amazonプライム」「dTV」「U-NEXT」の3つです!

なぜなら、他サービスが1話約200円程度で視聴できるのに対して、このサイトは、月額費用で見放題視聴ができてお得だからです。(2018年1月現在の情報です。ご利用時にご確認ください)

しかも、1ヶ月無料体験ができるのです

もし継続しないのであれば、無料体験中でも退会できますよ

月額400円でサービスがいっぱい「Amazonプライム」

Amazonのサービスは、月額400円でプライム・ビデオをはじめ、Amazonの配送特典やPrime Music、プライム・フォトなどが使えます。

月額費用が安く、サービス内容が豊富です!!

非会員だと1話200円ですが、プライム会員なら「シンカリオン」見放題!!

初めての方は、30日間の無料体験ができます。

月額500円でコスパが高い「dTV」

「dTV」は、docomoが提供しているサービスですが、docomoユーザーでなくとも利用できます。

利用料金は月額500円と安いため、最新映画などはありませんが、「きかんしゃトーマス」や「アンパンマン」などのアニメもあり、コスパが高いサービスです。

もちろん「シンカリオン」も見放題!!

初めての方は、31日間の無料体験ができます。

最新作もある「U-NEXT」

「U-NEXT」は、月額1,990円で「dTV」より高めですが、最新作や雑誌なども視聴できるサービスです

シンカリオン以外にもコンテンツを楽しみたい方はこちらがオススメ!!

こちらも初めての方は、31日間の無料体験ができます。

2018年1月現在の情報です。視聴内容が変更となることがありますので、ご利用前にご確認ください。

登場したシンカリオンのDXSシリーズ

アニメシンカリオン情報まとめ

【速報】アニメ 新幹線変形ロボ シンカリオン 最新情報まとめ

2017.10.08

【シンカリオン発売速報】新商品がいつ発売される?発売日一覧

2017.12.31

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧