シンカリオン第28話「名古屋!!出水指令長の過去」公式サイトで見逃し視聴とあらすじ

シンカリオン アニメ情報

「新幹線変形ロボ シンカリオン」の第28話は、『名古屋!!出水指令長の過去』。

あらすじ

2018年7月21日(土)朝7時放送

第28話 名古屋!!出水指令長の過去

©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

ブラックシンカリオンとの激闘を終えたハヤトたち。

学校は明日から夏休み。夏休みの宿題は「自由研究」だが、ハヤトは、入学してから毎年、新幹線をネタに自由研究をしていたため、先生からは新幹線の研究を禁止される。

自由でない自由研究に落ち込むハヤト。

そんな中、フタバ指導長代理から先日のブラックシンカリオンとの戦闘で負傷したリュウジの代役として大宮支部から名古屋支部に運転士を一人派遣することを聞き、ハヤトは立候補する。

一方、エージェントのセイリュウは、しばらく体を休めようとしていた。その目的は、「戦いの傷を癒すこと」と、「ゲンブに教えられた『目覚めた時に何かを感じることができる』という何かを得ること」だった。

そして、残ったゲンブ・スザク・ビャッコは、ヒトが行ってきた「力をあわせる」ということを、自らも行おうとしていた。

早速、名古屋に向かうため東海道新幹線に乗車するハヤト。すると、隣の席に指令長の出水シンペイが乗ってきた。出水は、名古屋支部のスタッフ数名が夏風邪にやられて人員不足に陥っているため、急遽名古屋支部に応援に行くことになったと言う。そして、父・ホクトも同じく応援にくるらしい。

指令長と二人きりという慣れない状況にハヤトが緊張していると、出水が意外な過去を語り始める。それは、ハヤトの父・ホクトとの思い出の話だった。

ホクトと出水は、同じ大学・同じサークルで、そして、ホクトが先輩にあたるという。

父と出水司令長の意外な過去に、驚くハヤト。

名古屋駅に到着すると、先に到着していたホクトから「緊急事態」との連絡がくる。ハヤトたちは名古屋支部のある「リニア・鉄道館」に急ぎ向かうと、夏休み初日で予想をはるかに超えるお客さんが来ていて、「リニア・鉄道館」は混雑していた。

ホクトの言う緊急事態とは、混雑による人員不足のことだった。そして、出水も、ホクトの指示で、慣れない接客を行うことに。

ハヤトには、父・ホクトが出水に指示を出している光景が意外であった。すると、ホクトと出水から、昔は基本的にホクトが出水に指示をしていた事を聞く。さらに二人は、シンカリオン開発チームにいて、開発が形になったあたりから、ホクトは運転士の指導員に、出水は司令員になり、それぞれのセクションに移ったことを聞いた。

父の過去を知ることができて、嬉しくなるハヤト。

そんな時、緊急のアラートが鳴る。漆黒の新幹線が名古屋近辺に現れたのだ。

直ちに、ハヤトの「E5はやぶさ」、ホクトの「500こだま」が発車する。オペレーションは、炎天下の中で接客していて体調不調の浜松スルガにかわり、出水が行うことに。

今回の敵は、3機の巨大怪物体。中京工業地帯の工場そのものに、黒い粒子が付着し巨大怪物体となったのだった。コードネームは、インベイジョンプラント。

出水は、捕縛フィールドで敵を捕縛し、光学迷彩機能を作動させた。

「E5はやぶさ」と「500こだま」は、敵のいる捕縛フィールドに到着すると、クロス合体を行い「シンカリオン E5×500」となる。

今回の敵は、3機。
多勢に無勢だ。

名古屋は織田信長のおひざもとであることから、出水は、織田信長がわずな兵にもかかわらず、奇襲攻撃により今川義元の首を取った「桶狭間の戦い」の戦法を利用しようとする。それは、一番大きく機動力が低そうな大将1機に奇襲攻撃をかけるものだった。

指示通りに、1機に奇襲攻撃を仕掛けるが、3機の見事な連携で、武器であるカイサツトラインデントを敵に盗られ、折られてしまう。今までなかった、巨大怪物体のコンビネーションに、「シンカリオン E5×500」は苦戦する。

すると、出水は一時撤退の指示を出す。

撤退に反対するハヤトだが、何か考えがあると感じていたホクトの説得で、出水の指示に従うことにする。

背中を見せながら、撤退する「シンカリオン E5×500」。
逃げる「シンカリオン E5×500」を追う、「インベイジョンプラント」。

出水の指示通りに、「シンカリオン E5×500」は、フィールド内の線路上の逃げこんだ。

レール上は幅がないため、敵が直線状になると、出水から、即座に反転し、「超グランクロス」を打つよう指示が出る。

反転し、打ち込まれた「超グランクロス」は、1直線になっていた「インベイジョンプラント」3機を見事に貫通させ、撃破した。

撤退を含めて、出水の作戦であった。
これは、「三方ヶ原の戦い」で武田信玄が用いた戦法だった。狙いを先に説明しておくとかえって失敗する可能性があったので、あえて撤退と指示していたのだ。

戦闘が終わり、ホクトと二人きりになった出水は、名古屋支部に来た本当の理由を話した。
それは、先のブラックシンカリオンとの戦闘で聞こえたイザの声をホクトに聞かせることだった。そのイザの声を聞いたホクトは、何かを感じていた。

また、ハヤトは母・サクラと電話をしていた。そして、夏休みの自由研究が決まったことを報告していた。

そのテーマは「お父さんの歴史」だった。

←第27話「反撃!!E5×500」

→第29話「海へ!!敵の電波信号を探れ」

→あらすじ一覧

 最新話を無料配信

見逃しても大丈夫です!!

期間限定ですが、公式サイトで無料視聴できます!!

翌金曜日から最新話を視聴できる無料公式動画

第28話視聴期間:2018年7月27日(金)15:00 〜 2018年8月3日(金)14:59

動画サイト:❶YouTube「シンカリオンTV」 ❷TVer ❸TBS FREE ❹GYAO! ❺YouTube「タカラトミーチャンネル」 ❻YouTubeの「コロコロチャンネル」

おすすめの有料配信

「無料配信が終わっちゃった・・・」

「1話から全話見たい!」

とう方は、下記の有料サービスで視聴ができます。

アニメシンカリオンの有料配信

Amazon ビデオ / Amazon プライム / dTV / Google Play / HAPPY!動画どうが / J:COMオンデマンド / ビデオパス / みるプラス / RakutenTV / TSUTAYA TV / アニメ放題ほうだい / U-NEXT / VIDEX / ニコニコにこにこ動画どうが / ひかりTV

この中で「シンカリオン」視聴するのにオススメのサービスは、「Amazonプライム」「dTV」「U-NEXT」の3つです!

なぜなら、他サービスが1話約200円程度で視聴できるのに対して、このサイトは、月額費用で見放題視聴ができてお得だからです。(2018年1月現在の情報です。ご利用時にご確認ください)

しかも、1ヶ月無料体験ができるのです

もし継続しないのであれば、無料体験中でも退会できますよ

月額400円でサービスがいっぱい「Amazonプライム」

Amazonのサービスは、月額400円でプライム・ビデオをはじめ、Amazonの配送特典やPrime Music、プライム・フォトなどが使えます。

月額費用が安く、サービス内容が豊富です!!

非会員だと1話200円ですが、プライム会員なら「シンカリオン」見放題!!

初めての方は、30日間の無料体験ができます。

月額500円でコスパが高い「dTV」

「dTV」は、docomoが提供しているサービスですが、docomoユーザーでなくとも利用できます。

利用料金は月額500円と安いため、最新映画などはありませんが、「きかんしゃトーマス」や「アンパンマン」などのアニメもあり、コスパが高いサービスです。

もちろん「シンカリオン」も見放題!!

初めての方は、31日間の無料体験ができます。

最新作もある「U-NEXT」

「U-NEXT」は、月額1,990円で「dTV」より高めですが、最新作や雑誌なども視聴できるサービスです

シンカリオン以外にもコンテンツを楽しみたい方はこちらがオススメ!!

こちらも初めての方は、31日間の無料体験ができます。

2018年1月現在の情報です。内容が変更となることがありますので、ご利用前にご確認ください。

DXSシンカリオンの最安値を探す!

アニメシンカリオン情報まとめ

【速報】アニメ 新幹線変形ロボ シンカリオン 最新情報まとめ

2017.10.08

【シンカリオン発売速報】新商品がいつ発売される?発売日一覧

2017.12.31

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧