シンカリオン第33話「宿題!!ハヤトの絵日記大作戦」公式サイトで見逃し視聴とあらすじ

シンカリオン アニメ情報

「新幹線変形ロボ シンカリオン」の第33話は、『宿題!!ハヤトの絵日記大作戦』。

あらすじ

2018年8月25日(土)朝7時放送

第33話 宿題!!ハヤトの絵日記大作戦

©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

超進化研究所では、フタバ指導長代理が出水司令長から、これまでのシンカリオンの戦いをレポートにまとめて幹部会議で報告するよう言われ、資料作成に追われていた。

そんなフタバが、ハヤトたちに夏休みの宿題が終わったか聞くと、アズサとアキタはすでに終わらせているという。シノブもあと少しで終わるというが、ツラヌキは、全然やっていなかった。

そんな中ハヤトは、自信満々に「もうすぐ自由研究が終わる!あとはお父さんのコメントをもらえれば完成なんだ」と答えた。ハヤトは、新幹線の自由研究を禁止させられため、今年の自由研究の題材を「早杉家のファミリーヒストリー」にしていたのだ。アズサが「自由研究以外は?」と聞くと、すっかり忘れたことに気づく。夏休みの自由研究に熱中するあまり、絵日記やドリルなどの他の宿題を全くやっていなかったのだ。

家に帰ったハヤトは、自由研究以外の宿題をやっていなかったについて、母・サクラからきつく怒らせる。そして、宿題を終えるまで超進化研究所に出入り禁止と言われてしまう。

そして、机に向かい、ドリルからやり始めるハヤト。

一方、超進化研究所では、フタバが、ヒビキとミドリの協力もあって、会議直前ギリギリで「超進化研究所 幹部会議資料」を完成させていた。そして、超進化研究所幹部会議が始まる。その会議には、ハヤトの父・ホクトも京都から参加していた。

幹部会議があると聞きつけた、アズサ・アキタ・シノブは、こっそりとその報告内容を聞いていた。

そこでは、出水司令長が、会議冒頭の挨拶をしていた。

その話の中では、10年前初めてこの地上に出現した謎の巨大怪物体の大軍が、前触れもなく我々人類に戦いをしかけてきたこと。それに対抗するため、 超進化研究所に巨大怪物体の撃退方法を探る指示がくだされ戦闘用ロボットとしてシンカリオンの開発が始まったこと。その開発が始まって2年後に大きな事故が起きたこと。などが述べられた。

そして、フタバ指導長代理から、ハヤトの搭乗記録の経過報告と、巨大怪物体出現の黒幕であるエージェントと名乗る敵の考察についての報告が始まった。

その時、会議を覗き見していたアキタにハヤトから連絡が入った。

ハヤトは、ドリルの宿題を終わらせ、これまでの戦いを振り返りながら大慌てで絵日記の宿題を進めていたが、いつ何をしていたか思い出せずいた。そのため、アキタに教えてもらおうと思い連絡したのだった。

しかし、突然のことでアキタも思い出せない。

そこで、アズサがこのハヤトの搭乗記録の報告をみればわかるんじゃないか?とアドバイスをする。

一方、体を休めていた敵エージェント・セイリュウのもとに、巨体の地底種族「トラメ」が訪れていた。

セイリュウの様子の変わっていることに気づいたトラメは、その原因がヒトであることに気づいた。そして、久々に帰って来たトラメは、ヒトの様子も確認するため出撃しようとしていた。

フタバの報告が終わろうとするころ、巨大怪物体出現のアラートがなった。

片岡駅付近に人類にとって因縁の相手ともいうべき巨大怪物体が現れたのだ。

コードネームはファーストエネミー。

巨大な土偶の姿をして、レーザー光線を放って攻撃する巨大怪物体で、10年前に人類が初めて接触した巨大怪物体と同型だった。そして、出撃しているのはトラメだった。

超進化研究所で待機していたアキタの「シンカリオン E6こまち」とシノブの「シンカリオン E3つばさ」が出撃した。

ハヤトは、フタバの報告内容を参考に絵日記を書き上げているが、まだ終わらずにいた。しかし、アズサの協力もあって、無事に全ての宿題を終わらせ超進化研究所に急いだ。

「E6こまち」と「E3つばさ」は、今までの経験をいかしながら戦闘をすすめ、うまく敵を撹乱させていた。そんな中、ハヤトが乗る「シンカリオン E5はやぶさ」が到着した。

一気に戦闘を終わらせるため「E5はやぶさ」と「E6こまち」は、リンク合体をした。

フミキリキャノンから出る煙幕で敵の視界を奪い、グランクロスで攻撃すると、ファーストエネミーとトラメはそれを回避するため撤退した。

10年の歳月をかけて人類が進化させてきたシンカリオンとの力の差は歴然だった。

戦闘後、ホクトと再開したハヤトは、「お父さんはどうして超進化研究所でシンカリオンの研究を始めたの?」と質問した。この質問が、自由研究の最後の課題だった。ホクトは「新幹線が好きだからかな」と答えた。これでハヤトの夏休みの宿題が終わった。

するとシャショットが、いくら速杉指導長の歴史を調べても、シンカリオンも超進化研究所も世の中には秘密なので、自由研究にも絵日記にものせられないと突っ込んだ。

そして、大きくショックを受けるハヤトだった。

←第32話「キャンプ!!見えない巨大怪物体」

→第34話「対立!!シンカリオン 700シリーズ」

→あらすじ一覧

 最新話を無料配信

見逃しても大丈夫です!!

期間限定ですが、公式サイトで無料視聴できます!!

翌金曜日から最新話を視聴できる無料公式動画

第33話視聴期間:2018年8月31日(金)15:00 〜 2018年9月7日(金)14:59

動画サイト:❶YouTube「シンカリオンTV」 ❷TVer ❸TBS FREE ❹GYAO! ❺YouTube「タカラトミーチャンネル」 ❻YouTubeの「コロコロチャンネル」

おすすめの有料配信

「無料配信が終わっちゃった・・・」

「1話から全話見たい!」

とう方は、下記の有料サービスで視聴ができます。

アニメシンカリオンの有料配信

Amazon ビデオ / Amazon プライム / dTV / Google Play / HAPPY!動画どうが / J:COMオンデマンド / ビデオパス / みるプラス / RakutenTV / TSUTAYA TV / アニメ放題ほうだい / U-NEXT / VIDEX / ニコニコにこにこ動画どうが / ひかりTV

この中で「シンカリオン」視聴するのにオススメのサービスは、「Amazonプライム」「dTV」「U-NEXT」の3つです!

なぜなら、他サービスが1話約200円程度で視聴できるのに対して、このサイトは、月額費用で見放題視聴ができてお得だからです。(2018年1月現在の情報です。ご利用時にご確認ください)

しかも、1ヶ月無料体験ができるのです

もし継続しないのであれば、無料体験中でも退会できますよ

月額400円でサービスがいっぱい「Amazonプライム」

Amazonのサービスは、月額400円でプライム・ビデオをはじめ、Amazonの配送特典やPrime Music、プライム・フォトなどが使えます。

月額費用が安く、サービス内容が豊富です!!

非会員だと1話200円ですが、プライム会員なら「シンカリオン」見放題!!

初めての方は、30日間の無料体験ができます。

月額500円でコスパが高い「dTV」

「dTV」は、docomoが提供しているサービスですが、docomoユーザーでなくとも利用できます。

利用料金は月額500円と安いため、最新映画などはありませんが、「きかんしゃトーマス」や「アンパンマン」などのアニメもあり、コスパが高いサービスです。

もちろん「シンカリオン」も見放題!!

初めての方は、31日間の無料体験ができます。

最新作もある「U-NEXT」

「U-NEXT」は、月額1,990円で「dTV」より高めですが、最新作や雑誌なども視聴できるサービスです

シンカリオン以外にもコンテンツを楽しみたい方はこちらがオススメ!!

こちらも初めての方は、31日間の無料体験ができます。

2018年1月現在の情報です。内容が変更となることがありますので、ご利用前にご確認ください。

DXSシンカリオンの最安値を探す!

アニメシンカリオン情報まとめ

【速報】アニメ 新幹線変形ロボ シンカリオン 最新情報まとめ

2017.10.08

【シンカリオン発売速報】新商品がいつ発売される?発売日一覧

2017.12.31

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧