シンカリオン第34話「対立!!シンカリオン 700シリーズ」公式サイトで見逃し視聴とあらすじ

シンカリオン アニメ情報

「新幹線変形ロボ シンカリオン」の第34話は、『対立!!シンカリオン 700シリーズ』。

あらすじ

2018年9月1日(土)朝7時放送

第34話 対立!!シンカリオン 700シリーズ

©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

例の声の主の居場所を究明している出水司令長に、京都支部のホクトから救援要請が送られてきた。京都支部が独自に開発した『シンカリオン700シリーズ』の運転士候補3人がトレーニング中に問題が発生したらしく、ハヤトとフタバ指導長代理に救援に来てもらいたいという。

さっそく、京都に急行するハヤトとフタバ。

京都駅では、父・ホクトが迎えに来ていた。話を聞くと、候補生3人は、トレーニング中に些細なことで対立が始まって、そしてケンカに発展し、3人ともシンカリオンを降りたという。

3人のうち2人は双子の兄弟で「五ツ橋ギン」「五ツ橋ジョウ」。残りの1人は一つ年上の「霧島タカトラ」だ。

そこで、ハヤトとフタバには、大宮で培った経験をいかして、彼らを運転士として呼び戻し、互いの団結を促してほしいというのが、ホクトからの依頼だった。

しかし、3人とも京都支部にはすでにいないとのこと。双子の二人は現在所在不明。タカトラは、市内観光後に故郷・鹿児島に帰ると言っていたらしい。

3人の詳細なデータをもらい、所在のヒントのあるタカトラを探しに行くハヤトとフタバ。

一方、エージェントのゲンブ・スザク・ビャッコは、大鳴門橋の前にいた。今度は、3人で最大限の力を合わせて、大鳴門橋を巨大怪物体にしようとしていた。

京都の観光地をかたっぱしから探す2人だったが、京都には観光名所が多すぎてポイントが絞れず、見つけることができない。そこで、ハヤトは、タカトラの趣味が料理であることから、市場にいるのではと予想する。

予想は的中し、タカトラは市場の包丁屋の前にいた。タカトラは、包丁を購入しようとしていたが、保護者がいないと売れないと店員ともめている最中だった。二人が仲裁に入り、その場はおさまった。タカトラの家系は代々料理人で、タカトラも料理人になるための修行を積んでいて、先ほどの店の柳刃を使うのが夢だったと聞く。

すると、漆黒の新幹線が現れたとアラームがなった。

漆黒の新幹線が現れたのは、新幹線の線路のない大鳴門橋だった。大鳴門橋に自身で線路を通したようだ。そして、大鳴門橋は巨大怪物体となった。

コードネームは、ギガントブリッジ。全長は驚異の340メートル。

捕縛フィールドを射出し、ハヤトの「シンカリオン E5はやぶさ」が出動した。タカトラは、モニターでその様子を見ていた。そして、双子の兄弟で「五ツ橋ギン」「五ツ橋ジョウ」も京都支部に戻っていた。

捕縛フィールドに到着した「E5はやぶさ」は、攻撃をしかけるが、圧倒的な大きさによる攻撃力と防御力で苦戦を強いられる。

その様子をモニターで見ていたタカトラは、「シンカリオン N700みずほ」で出撃することを決意する。そして、ギンが「シンカリオン 700ひかりレールスター」、ジョウが「シンカリオン 700のぞみ」で続けて出撃した。

700シリーズが参戦するも、機体のサイズは「E5はやぶさ」よりも小さく、圧倒的に不利であった。さらに、3機はバラバラに攻撃するので、ギガントブリッジは微動だにしない。

しかし、フタバには作戦があった。ギガントブリッジ内部には、漆黒の新幹線が走行できるだけの空間があった。であれば、機体の小さい700シリーズのシンカリオンを潜入させ、内部から切り崩そうというものだった。

「E5はやぶさ」が、敵の注意を引きつけ、その隙に700シリーズの3機がギガントブリッジの内部に侵入した。そして、ギガントブリッジの内部から関節に攻撃すると、敵は体勢を崩した。そこに「N700みずほ」の「ドウリンハンマー」による攻撃を行い、敵を撃破した。

今回の一件で、フタバはハヤトの「新幹線が好き」いうエネルギーには、人と人との間にある壁をなくす不思議な力がある気があると確信していた。

←第33話「宿題!!ハヤトの絵日記大作戦」

→第35話「団結!!シンカリオン 700トリニティー」

→あらすじ一覧

 最新話を無料配信

見逃しても大丈夫です!!

期間限定ですが、公式サイトで無料視聴できます!!

翌金曜日から最新話を視聴できる無料公式動画

第34話視聴期間:2018年9月7日(金)15:00 〜 2018年9月14日(金)14:59

動画サイト:❶YouTube「シンカリオンTV」 ❷TVer ❸TBS FREE ❹GYAO! ❺YouTube「タカラトミーチャンネル」 ❻YouTubeの「コロコロチャンネル」

おすすめの有料配信

「無料配信が終わっちゃった・・・」

「1話から全話見たい!」

とう方は、下記の有料サービスで視聴ができます。

アニメシンカリオンの有料配信

Amazon ビデオ / Amazon プライム / dTV / Google Play / HAPPY!動画どうが / J:COMオンデマンド / ビデオパス / みるプラス / RakutenTV / TSUTAYA TV / アニメ放題ほうだい / U-NEXT / VIDEX / ニコニコにこにこ動画どうが / ひかりTV

この中で「シンカリオン」視聴するのにオススメのサービスは、「Amazonプライム」「dTV」「U-NEXT」の3つです!

なぜなら、他サービスが1話約200円程度で視聴できるのに対して、このサイトは、月額費用で見放題視聴ができてお得だからです。(2018年1月現在の情報です。ご利用時にご確認ください)

しかも、1ヶ月無料体験ができるのです

もし継続しないのであれば、無料体験中でも退会できますよ

月額400円でサービスがいっぱい「Amazonプライム」

Amazonのサービスは、月額400円でプライム・ビデオをはじめ、Amazonの配送特典やPrime Music、プライム・フォトなどが使えます。

月額費用が安く、サービス内容が豊富です!!

非会員だと1話200円ですが、プライム会員なら「シンカリオン」見放題!!

初めての方は、30日間の無料体験ができます。

月額500円でコスパが高い「dTV」

「dTV」は、docomoが提供しているサービスですが、docomoユーザーでなくとも利用できます。

利用料金は月額500円と安いため、最新映画などはありませんが、「きかんしゃトーマス」や「アンパンマン」などのアニメもあり、コスパが高いサービスです。

もちろん「シンカリオン」も見放題!!

初めての方は、31日間の無料体験ができます。

最新作もある「U-NEXT」

「U-NEXT」は、月額1,990円で「dTV」より高めですが、最新作や雑誌なども視聴できるサービスです

シンカリオン以外にもコンテンツを楽しみたい方はこちらがオススメ!!

こちらも初めての方は、31日間の無料体験ができます。

2018年1月現在の情報です。内容が変更となることがありますので、ご利用前にご確認ください。

DXSシンカリオンの最安値を探す!

アニメシンカリオン情報まとめ

【速報】アニメ 新幹線変形ロボ シンカリオン 最新情報まとめ

2017.10.08

【シンカリオン発売速報】新商品がいつ発売される?発売日一覧

2017.12.31

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧