シンカリオン第40話「地下へ!!シンカリオンVSビャッコ」公式サイトで見逃し視聴とあらすじ

シンカリオン アニメ情報

「新幹線変形ロボ シンカリオン」の第40話は、『地下へ!!シンカリオンVSビャッコ』。

予告

2018年10月13日(土)朝7時放送

第40話 地下へ!!シンカリオンVSビャッコ

©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

地底世界では、『シンカリオン E5はやぶさ』『シンカリオン ドクターイエロー』と、『ビャッコ』『サラマンダー・ゾラ』との戦いが始まっていた。

『ドクターイエロー』が先制攻撃をしかけ、死角から『E5はやぶさ』が攻撃をしかけた。すると、『サラマンダー・ゾラ』が砲撃してくるが、『ドクターイエロー』の検測レーザーシールドで防いだ。

検測レーザーシールドは、『シンカリオン N700Aのぞみ』のデュエルモードで相手との接近戦に持ち込むために展開していたバリアフィールド技術を応用した機能で、味方のシンカリオンを守るために搭載されたもので、巨大なシールドを張って味方の盾となる姿は、まさに『ドクターイエロー』の名にふさわしい雄姿だった。

戦いは、ハヤトが成長したことで、リュウジが運転する『ドクターイエロー』も真の力を発揮し、二機のシンカリオンは抜群の連携でビャッコを追い詰めていく。

苦戦するビャッコは、セイリュウの『ブラックシンカリオン』の到着を待っていた。
出撃しようと『ブラックシンカリオン』の運転席についていたセイリュウだったが、ハヤトと戦うことをためらい、『ブラックシンカリオン』を降りてしまう。

ホームではスザクとゲンブが、その様子を見ていた。スザクに、「出撃せずに、ビャッコを見殺しにするのか?」と問われると、セイリュウは、「ハヤトはビャッコの命はとらない」と答えた。ゲンブはその意見に同意し、「心がないことが俺たちの弱点ではないのかと思ったのだ。緑のシンカリオンには自分のためや、喜びのためには戦わない。あいつは仲間や家族や何かを守るために戦う。そのために協力する。それは人に心があるからだ。だからビャッコを殺したりはしない。」と話した。

そんなエージェントたちのところに、トラメが現れた。
トラメは、『ブラックシンカリオン』を見つけると、セイリュウの静止を振り切り、『ブラックシンカリオン』に乗ろうとするが、適合率が足りず乗ることができなかった。

一方、戦場では、ハヤトが『ビャッコ』と戦い、リュウジが『サラマンダー・ゾラ』と戦っていた。ハヤトは、ビャッコの大剣による攻撃を『カイサツソード』で返すばかりで、自らは攻撃をしかけようとしない。様子がおかしいハヤトに司令室では不安の声が上がるが、リュウジもハヤトの考えを分かっているようだった。リュウジが『レーザースキャナー』で『ビャッコ』の大剣をスキャンすると、ダメージが『94.2%』も蓄積されていたのだ。

その数字をみたリュウジは、ハヤトに「決めろ!!」と声をかける。

その指示でハヤトが、『ビャッコ』の大剣に攻撃すると、大剣は折れてしまった。
ハヤトの狙いは、最初から敵の剣を折り、敵の戦意を失わせることだった。

負けを認めた『ビャッコ』は、トドメを刺すようハヤトに言うが、ハヤトは拒否をする。そして、「退散するか、ここで話すか選んでほしい。でも退散して、また戦うことを選んでも、剣を降り続ける。銃で来るなら そっちの弾がなくなるまで耐え続ける。俺は君たちが話す気持ちになるまで言葉のない対話を続ける!」とビャッコに話した。

そんな中、『ブラックシンカリオン』に乗れなかったトラメが、『ファーストエネミー』に乗って参戦してきた。

「お前の出る幕じゃない!!」と『ビャッコ』は、『サラマンダー・ゾラ』を使い止めようとするが、『ファーストエネミー』の攻撃により、『サラマンダー・ゾラ』はやられてしまう。

話が通じる相手ではないと判断したリュウジは、レーザーソードで攻撃をしかける。続けて、ハヤトがファーストエネミーに『グランクロス』で攻撃する。『グランクロス』を避けようとするトラメだが、ビャッコが『ファーストエネミー』を押さえ、直撃してしまう。そして、『ビャッコ』と『ファーストエネミー』は消えてしまった。

戦闘が終わり、「リニア・鉄道館」に戻ったハヤトとリュウジ。ハヤトは、東京に帰ろうとしていた。別れ際、リュウジに「シンカリオン 開発チーム」の写真を見せてもらう。そこには、リュウジの父や、ハヤトの父が写っていた。そして、今はいない開発者の姿もあった。その姿を見たハヤトは何か気が付いたが、誰にも話すことはなかった。

一方、地底世界では、トラメがビャッコに邪魔されたことで激怒していた。

そして、ビャッコは負傷して、ひとり休んでいた。そこに現れたのは、カイレンだった。ビャッコは、「敗北も裏切りも我ら種族には不要。俺の行動はそれらに当たる。我ら種族のおきてに従おう。」と死を覚悟した。

その後、カイレンの手が刃物に姿を変えると、地底の洞窟内に、刃物が刺さる音が響いた。

 

←第39話「対話!!ハヤトとリュウジの空手修行」

→第41話「会議!!ハヤトの誕生日を祝え」

→あらすじ一覧

 最新話を無料配信

見逃しても大丈夫です!!

期間限定ですが、公式サイトで無料視聴できます!!

翌金曜日から最新話を視聴できる無料公式動画

第40話視聴期間:2018年10月19日(金)15:00 〜 2018年10月26日(金)14:59

動画サイト:❶YouTube「シンカリオンTV」 ❷TVer ❸TBS FREE ❹GYAO! ❺YouTube「タカラトミーチャンネル」 ❻YouTubeの「コロコロチャンネル」

おすすめの有料配信

「無料配信が終わっちゃった・・・」

「1話から全話見たい!」

とう方は、下記の有料サービスで視聴ができます。

アニメシンカリオンの有料配信

Amazon ビデオ / Amazon プライム / dTV / Google Play / HAPPY!動画どうが / J:COMオンデマンド / ビデオパス / みるプラス / RakutenTV / TSUTAYA TV / アニメ放題ほうだい / U-NEXT / VIDEX / ニコニコにこにこ動画どうが / ひかりTV

この中で「シンカリオン」視聴するのにオススメのサービスは、「Amazonプライム」「dTV」「U-NEXT」の3つです!

なぜなら、他サービスが1話約200円程度で視聴できるのに対して、このサイトは、月額費用で見放題視聴ができてお得だからです。(2018年1月現在の情報です。ご利用時にご確認ください)

しかも、1ヶ月無料体験ができるのです

もし継続しないのであれば、無料体験中でも退会できますよ

月額400円でサービスがいっぱい「Amazonプライム」

Amazonのサービスは、月額400円でプライム・ビデオをはじめ、Amazonの配送特典やPrime Music、プライム・フォトなどが使えます。

月額費用が安く、サービス内容が豊富です!!

非会員だと1話200円ですが、プライム会員なら「シンカリオン」見放題!!

初めての方は、30日間の無料体験ができます。

月額500円でコスパが高い「dTV」

「dTV」は、docomoが提供しているサービスですが、docomoユーザーでなくとも利用できます。

利用料金は月額500円と安いため、最新映画などはありませんが、「きかんしゃトーマス」や「アンパンマン」などのアニメもあり、コスパが高いサービスです。

もちろん「シンカリオン」も見放題!!

初めての方は、31日間の無料体験ができます。

最新作もある「U-NEXT」

「U-NEXT」は、月額1,990円で「dTV」より高めですが、最新作や雑誌なども視聴できるサービスです

シンカリオン以外にもコンテンツを楽しみたい方はこちらがオススメ!!

こちらも初めての方は、31日間の無料体験ができます。

2018年1月現在の情報です。内容が変更となることがありますので、ご利用前にご確認ください。

DXSシンカリオンの最安値を探す!

アニメシンカリオン情報まとめ

【速報】アニメ 新幹線変形ロボ シンカリオン 最新情報まとめ

2017.10.08

【シンカリオン発売速報】新商品がいつ発売される?発売日一覧

2017.12.31

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧