【レビュー】DXS10 新幹線変形ロボ シンカリオン トリニティー

新幹線変形ロボ シンカリオン

「DXSシリーズ」の第10弾は、3両合体する「シンカリオン トリニティー」です。

旧版は、単品が2016年9月に、3両セットが2016年11月に発売され、今回DXSシリーズとして再登場となりました。旧版との比較も最後にまとめておきます。

商品概要

商品名 新幹線変形ロボ シンカリオン DXS10 シンカリオン トリニティー3両合体セット
 amazon      楽天  タカラトミーモール
発売日 2018年9月6日
希望小売価格 8,500円(税抜)

商品内容

パッケージ

パッケージ 表

パッケージ 裏

通常パッケージよりも大きめの箱です。

商品内容

商品内容

商品内容は・・・

  • シンカリオン700のぞみ(A、Bパーツ)一式(1)
  • シンカリオン700ひかりレールスター(A、Bパーツ)一式(1)
  • シンカリオンN700みずほ(A、Bパーツ)一式(1)
  • シンカブレード(1)
  • カンカンガン(1)
  • ドウリンハンマー(1)
  • トリニティーNヘッド(1)
  • トリニティーHヘッド(1)
  • トリニティーMヘッド(1)
  • ウエポンベース(3)
  • ラベル(3)
  • Shinca(1)
  • 取扱説明書(1)

箱が大きい割には、中身は多くありません。

付属されるカード

商品には、「Shinca」が1枚が付属されています。

また、別売のシンカギアと連動して遊ぶことができます。

Shinca オモテ

Shinca ウラ

新幹線モード

新幹線モード

新幹線モードでは、プラレールとして、レールに乗せて遊ぶことができます。

通常のプラレールの中間車・先頭車と連結させて遊ぶこともできます。3両とも後尾車なので、先頭車の動力を連結させれば、動力化することもできます。

ヘッドライトは、旧製品では塗装されていましたが、DXSシリーズではシールを貼る仕様になっています。

700のぞみ

700のぞみ(進行方向→)

700のぞみ(進行方向←)

700のぞみ(進行方向→)

700のぞみ(進行方向←)

1両目は、「700のぞみ」の先頭車です。

中間車

700ひかりレールスター(進行方向→)

700ひかりレールスター(進行方向←)

700ひかりレールスター(進行方向→)

700ひかりレールスター(進行方向←)

2両目は、「700ひかりレールスター」の先頭車です。

N700みずほ

N700みずほ(進行方向→)

N700みずほ(進行方向←)

N700みずほ(進行方向→)

N700みずほ(進行方向←)

3両目は、「N700みずほ」の先頭車です。

シンカリオンモードに変形

まずは、単体変形でシンカリオンモードに変形!!

変形1:車両を分離させる

変形2:両肩・ヘッドカバーを開き、腕を出す。

変形3:連結器を収納し、足を開く

変形4:足を伸ばし、つま先を開く

変形5:上半身と下半身を合体!

変形6:武器を装備して完成!!

金型は旧製品と全く同じなので、変形ギミックも同じです。

簡単にシンカリオンモードに変形させることができます。

他の2機体も同じ変形ギミックです。

シンカリオン 700ひかりレールスター

シンカリオン N700みずほ

ウエポンベースと武器

ウエポンベースと武器

各機の武器は、700のぞみが「シンカブレード」、700ひかりレールスターが「カンカンガン」、N700みずほが「ドウリンハンマー」となっています。

付属のウエポンベースを使って、ヘッドパーツや武器をディスプレイすることができます。

トリニティー合体

3両を使用して「トリニティー合体」することができます。

変形1:3両とも車両を分離させる

変形2:頭部となる機体のヘッドカバーを開ける

変形3:頭部となる機体の足を開く

変形4:頭部パーツと腰パーツを合体

変形5:ノーズ部分を伸ばす

変形6:ノーズを下におろし、180度回転させ、拳を出す

変形7:足を伸ばし、つま先を開く

変形8:ヘッドパーツを含めた各パーツを合体させる

完成!シンカリオン トリニティー(のぞみバージョン)

武器も合体させて「トリニティー ハルバード」になります。

頭部となる機体を変えれば、「ひかりレールスター バージョン」や「N700みずほ バージョン」にすることもできます。

ヘッドパーツはほとんど固定されません。かぶせる感じです。

また、関節はほとんど動きません。

シンカリオン トリニティー(ひかりバージョン)

シンカリオン トリニティー(みずほバージョン)

旧製品との違い

旧製品とは同じ金型を使用しているので、変形ギミックなど基本的な部分は同じです。

また、価格については、旧製品が(単品2800円、3両セット8400円)だったので、100円の値上げとなっています。Shincaが追加付属されているので、その分の値上げでしょうか。

内部パーツや武器パーツの成型色が変更となっています。内部パーツは、より光沢のあり重厚感がある色に変更となっていて、背面からのイメージが結構かわっています。

旧製品との比較 前面

旧製品との比較 背面

DXSと旧製品の違いまとめ

❶ 内部パーツ・武器など一部成型色が変更

100円の値上げ(8,400円→8,500円)

前照灯がシールに変更

シールがメッキ仕様に変更

Shincaが付属されている

評点・まとめ

.6

項目 点数 主な採点理由
ボディのクオリティ 1.8点/2.0点   内部パーツの成型色が重厚感がある
  前照灯がシール
再現性の高さ 0.9点/1.0点   各車両の特徴的なデザイン・カラーを再現
ギミックのクオリティ 1.9点/2.0点   合体ギミックがおもしろい
  安定した変形が可能
  ヘッドパーツが固定できない
  関節があまり動かない

前回の製品で完成度が高かったので、他のDXSシリーズと比べてリニューアル感が薄い商品となっていますが、ギミックそのものは、完成度が高く、しっかりしているので、オススメです。

評価基準
1点…買わない方がいい 2点…この値段でこれは高い 3点…値段相当 4点…おすすめ! 5点…もし見つけたら絶対買ったほうがいい!

最安値を探す!

アニメシンカリオン情報まとめ

【速報】アニメ 新幹線変形ロボ シンカリオン 最新情報まとめ

2017.10.08

【シンカリオン発売速報】新商品がいつ発売される?発売日一覧

2017.12.31

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

 

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧