最大2時間待ち!?超混雑の「プラレール博 in TOKYO 2017」をガラガラ状態で攻略してきた

プラレール博inTOKYO2017 イベント情報

2017年5月3日(水・祝)~7日(日)の5日間に幕張メッセで開催されていた「プラレール博inTOKYO」に行ってきました。

今年は、平日開催がなく、さらに開催期間が昨年より1日減っているため、例年でさえゴールデンウイーク開催で混雑がすごいのに、今年はさらなる混雑が予想されていました。

案の定、今年は例年と比べて混雑していたようです。

例年、我が家では、比較的混雑していない平日に参加していたのですが、今年はこの作戦が使えないので、別に5つの作戦を立てて参加しました。

作戦内容は以下の通り・・・

  作戦① 開催期間の後半に行く

  作戦② 開場の2時間前に到着する

  作戦③ 有料アトラクションはやらない

  作戦④ 順路通りに展示エリアから回る

  作戦⑤ 午前中には会場を脱出する

・・・結果、行く場所はガラガラで、すごく楽でした。

並んだ時間も全体で「約1時間程度」。

そして、子供たちは大満足でした。

今後も全国で「プラレール博」が開催されます。そして来年も東京開催は、GWに行われると思いますので、参考にしていただければ幸いです。

詳細は、このあと・・・

 

「プラレール博inTOKYO 2017」の混雑状況

プラレール博inTOKYO2017

開催時期がGWの東京と特に混雑する

毎年混雑する「プラレール博inTOKYO」ですが、今年はさらに混雑していたようです。

ピーク時の混雑状況は、満員電車状態で、何をするにも待ち時間が必要です。

「プラレール博inTOKYO 2017」ピーク時の混雑状況
  入場        2時間待ち
  有料アトラクション 2時間待ち
  レジ        1時間待ち
  プラレールカフェ  1時間待ち
  トイレ       30待ち

なんと、入場するだけで2時間待ち

入っても、満員電車状態

何をするのも待たないとできない。

そして、子供はぐずりだす・・・。

これは、東京ディズニーリゾート並みの混雑ですね。

こんな混雑状況だと、楽しさよりも疲労で、二度と行きたくなくなりますよね。

作戦① 開催期間の後半に行く

プラレール博inTOKYO2017

東京開催は毎年ゴールデンウイーク

今年の開催日程
 5月3日(水・祝) 憲法記念日

 5月4日(木)   みどりの日
 5月5日(金)   こどもの日
 5月6日(土)   土曜日
 5月7日(日)   日曜日

今年の開催期間は、昨年の6日間から5日間へと開催期間が1日減っていました。

さらに、全ての開催日が休日の開催となり、比較的空いている平日の開催がありませんでした。

そのため、今年は例年に比べ、混雑していたようです。

そこで我が家が計画した作戦のひとつめは、「開催期間の後半に行く」です。

例年の傾向では、開催初日が一番混雑し、最終日の方が空いています。

なので、開催4日目の「5月6日」に行ってきました。

実際、タカラトミー公式ツイッターが配信した混雑状況では、後半になるにつれて混雑が緩和されていたようです。

タカラトミー公式ツイッターのお知らせから
  5月3日 13:00 入場に約100以上かかる
  5月4日 13:00 入場に約40かかる
  5月5日 12:00 入場に約30かかる
  5月6日 12:00 入場に約10かかる
  5月7日 11:30 スムーズに入場ができる

日程の都合がつくのあれば、後半の方が楽です。

作戦② 開場の2時間前に到着する

2つめの作戦は、「開場の2時間前に到着する」です。

「プラレール博inTOKYO」の開場予定時間は、10時です。

その2時間前なので、8時には到着するようにしました。

8時の時点では、だいたい200〜300人くらいがすでに並んでいます。

そして、ここからどんどん人が増えていき、開場時には数千人となります。

プラレール博inTOKYO2017

朝8時には200〜300人が並んでいた

2時間前の到着ですが、実際に入場のために並んだ時間は「1時間10分」です。

なぜなら、例年、混雑状況を見て早めに開場するからです。

今回参加した5月6日の場合では、予定の50分前の9時10分に開場が始まりました。

列の移動や、有料アトラクションチケットの事前販売などがあるので、1時間はあっと言う間です。

ちなみに、混雑する有料アトラクションは参加しなかったので、今回並んだのはこの「1時間10分」だけです。

作戦③ 有料アトラクションはやらない

3つめの作戦は、「有料アトラクションはやらない」です。

多くの人がまず開場して向かう先は、プラレールがもらえる「有料アトラクション」です。

朝から行けば、比較的スムーズに参加することができますが、それでも混雑はなかなかのものです。

なので、今年は「有料アトラクション」は参加しませんでした。

プラレール博inTOKYO2017

有料アトラクションの待ち時間(開場1時間後)

今年の景品は、「金色の200系新幹線」でしたが、先頭・中間・後尾車の全てを揃えようとすると、「2000円〜5000円の費用(運次第)」と「2〜3時間の時間」が必要になります。

なので、有料アトラクションにかける費用は「ショッピングゾーン」に、時間を「展示ゾーン」にまわすようにしました。

運次第の金色のプラレールではなく「ショッピングゾーン」で好きな限定プラレールを多く買ってあげて、アトラクションで並ぶ時間を「展示ゾーン」で遊ばせてみました。

「展示ゾーン」でもアトラクションがありますので、十分に満足できます。

プラレール博inTOKYO2017

有料アトラクションでもらえる金色の200系新幹線

今年、唯一参加したのは、「スタンプラリー」です。

200円でスタンプ帳を購入し、「展示ゾーン」にある5つのスタンプを集めると、シールをもらうことができます。

この後の作戦④でお話ししますが、展示ゾーンが空いている時間に参加したので、スタンプするのに並ぶことはありませんでした。

プラレール博inTOKYO2017

200円で購入できるスタンプ帳とゴールでもらえるシール

作戦④ 順路通りに展示エリアから回る

4つめの作戦は、「順路通りに展示エリアから回る」です。

前述した通り、多くの人がまず開場して向かう先は、「有料アトラクション」です。

その途中にある「展示ゾーン」は素通りするので、開場時にはガラガラなのです。

この作戦は、「有料アトラクション」をやらないからできる作戦です。

「有料アトラクション」をやるのであれば、やはり「有料アトラクション」から回った方が効率的です。

プラレール博inTOKYO2017

開場30分後でもガラガラの展示ゾーン

写真スポットも撮り放題です。(ルールは1家族1ショットとなっています)

プラレール博inTOKYO2017

フォトスポットもガラガラで撮り放題

展示ゾーンには、無料で遊べるアトラクションもあり、これも並ばずに遊べました。

プラレール博inTOKYO2017

展示ゾーンのマスコン体験コーナー

しかし、午後になると、「アトラクションを終えた朝組」と「いま入場してきた組」とが合わさってすごく混雑します。

下の写真は、同じ場所で12時頃に撮影したものです。

歩いていると、常に人と当たってしまうくらい混雑しています。

しかし、これでも混雑のピークではありません。

恐るべし、プラレール博・・・。

プラレール博inTOKYO2017

12時頃の展示ゾーン(上の写真と同じ場所です)

今年は、「展示ゾーン」→「無料体験コーナー」→「ショッピングゾーン」の順でまわりましたが、どこも混雑はありませんでした。

プラレール博inTOKYO2017

プラレール博inTOKYO2017 フロアマップ

作戦⑤ 午前中には会場を脱出する

最後の作戦は、「午前中には会場を脱出する」です。

午後になると、ショッピングゾーンも含めて、会場全体が混雑します。

なので、早々に撤収しました。

「有料アトラクション」に参加しないのであれば、2〜3時間で十分に満喫できます。

ショッピングゾーンも午前中までは空いていますので、レジも並ばずに購入できます。

プラレール博inTOKYO2017

今年の収穫。新発売の「ライト付0系新幹線」

まとめ

並んだのは、入場の約1時間だけ、後は並ぶこともなく、ガラガラの状態で楽しむことができました。

うまく混雑を回避できれば、大人も子供も満足できる素晴らしいイベントです。

ポイントは、「人の流れと違うことをすること」です。

ぜひ、今後の参考にしていただければ幸いです。

ちなみに、東京開催の混雑は異常です。

その他の地区であれば、ここまで混雑することはありません。

今後の「プラレール博」などのイベント開催情報

【最新2018年版】プラレールのイベント・発売情報カレンダー

2016.07.07

「プラレール博 in TOKYO 2017」について

「プラレール博 in TOKYO 2017」をより楽しむ方法

2017.03.04

新商品情報あり!「プラレール博 in TOKYO 2017」に行ってきた

2017.05.11

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧