【プラレール評点】165系 湘南色

165系東海型急行電車


タカラトミーモール「プラレールショップ」


国鉄の急行型電車といえば、この165系。

プラレールでも、長年製品化されていて、現在は6代目になります。

僕も子供の頃に持っていた車両なので、すごく懐かしいです。

では、この商品の点数は?

「165系 東海型急行電車」の豆知識

 急行型電車の代表格「165系」

165系

165系(Photo by:Sui-setz)

165系は、国鉄が設計・製造し、1963年より営業運転を開始した急行型の直流電車です。

信越本線、中央東線の電化に伴い、153系をベースに、勾配・寒冷地対応の車両として登場しました。

国鉄分割後は、JR東日本、JR東海、JR西日本が車両を引き継ぎましたが、老朽化により、順次廃車となりました。

富士急行に譲渡され、最後まで営業運転をしていた富士急行2000形(旧165系)が2016年2月に運用終了となり、165系による営業運転はすべて終了となりました。

現在は、「リニア・鉄道館」などで静態保存されています。

商品概要

プラレール S-34 165系東海型急行電車

Amazon プラレール S-34 165系東海型急行電車

商品名 Sー34 165系東海型急行電車
販売方法 一般販売(2003年9月〜)
希望小売価格 1,800円(税抜)
 電池 単2電池 1本使用(別売)
笛コン・マスコン対応 ×未対応
機能 1スピード仕様

先頭車

ボディ

165系東海型急行電車

165系東海型急行電車

「S-34 165系東海型急行電車」は、3両セットになっています。

長年製品化されており、この商品は、6代目となります。

初代と比べると、品質はかなり向上しています。

165系東海型急行電車

前面(左:先頭車、右:後尾車)

前面の種別には「急行」とプリントされています。

フロントの窓は、もっと横に細長く、3つの窓がくっついているなので、165系のイメージと少し違って見えます。

165系東海型急行電車

屋根部

屋根は、色の塗り分けもしてあって、雰囲気がでています。

165系東海型急行電車

先頭車(進行方向←)

車輪は、賛否あると思います。

個人的には、黄色がかわいらしくて、好きです。

昔のプラレールは、黄色が多かったので、懐かしく感じます。

しかし、再現性という点では、減点ですね。

165系東海型急行電車

先頭車(進行方向→)

側面には、「JR」のロゴがプリントされています。

動力部

165系東海型急行電車

動力車

ボディは、爪で固定するタイプです。

中間車

165系東海型急行電車

中間車(進行方向←)

中間車は、パンタグラフ搭載車です。

165系東海型急行電車

中間車(進行方向→)

ドアや窓の枠線は、現在新規に発売されている商品と比較すると、かなり太めです。

昔のデザインをあえて踏襲しているんですかね。

後尾車

165系東海型急行電車

後尾車

後尾車は、ヘッドライトの色が違う以外は、ほぼ先頭車と同じです。

165系東海型急行電車

後尾車

塗装の色合いは、実車にかなり近いです。

評点・まとめ

hoshi_3.0.4

項目 点数 主な採点理由
ボディのクオリティ 1.3点/2.0点   窓枠が太い
再現性の高さ 1.2点/2.0点   フロントのデザインに相違あり
  車輪が黄色い
ギミックのクオリティ 0.9点/1.0点   安定した走行が可能

「太い窓枠」「黄色い車輪」など懐かしさを感じる商品でした。

この165系は、プラレールの技術進歩を見ることができる商品です。

今後も、改良しながら、販売し続けて欲しいですね。

100両以上のプラレール車両を採点!評点ランキング(プラレール車両編)

2016.06.28

評価基準
1点…買わない方がいい 2点…この値段でこれは高い 3点…値段相当 4点…おすすめ! 5点…もし見つけたら絶対買ったほうがいい!

安く買うならAmazon・楽天市場がおすすめ

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧