【プラレール評点】EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)


タカラトミーモール「プラレールショップ」


今回の商品は、「EH500形電気機関車」です。

2017年2月にリニューアルされ、新たに発売された商品です。

旧版(2次車)との違いも含めて、レビューしていきます。

「EH500形電気機関車 金太郎」の豆知識

ハイパワーな交直両用電気機関車

EH500電気機関車 3次車(Photo by:Rsa)

EH500形電気機関車は、1997年から製造を開始した交流直流両用の電気機関車です。

開発の目的は、直流区間の首都圏から、北海道まで機関車の交換をせずに運行を行い、時間短縮を図ることでした。

この機関車は、「2車体連結・主電動機軸8軸」のH級機関車で、1981年まで国鉄で使用されていたEH10形以来となります。

この機関車の派生として、直流専用「EH200形」、交流専用「EH800形」が製造されています。

愛称は、先に製造されていたEF210形の愛称が「ECO-POWER 桃太郎」だったので、「ECO-POWER 金太郎」となりました。

また、製造時期によって、仕様やデザインが異なります。

  • 試作車 ボディカラーは、明るめの赤。前照灯は下の方にある。前面の白帯は細い。
  • 1次車 ボディカラーが、暗めの赤に変更される。前面の黒帯・白帯が太く変更される。
  • 2次車 ボディカラーは、引き続き暗めの赤。前照灯の位置が、少し高くなる。
  • 3次車 ボディカラーが、明るめの赤に戻される。前面の黒帯がなくなり、白帯は、側面まで回り込まなくなる。

今回、プラレール化されたのは、3次車です。

商品概要

プラレール S-25 EH500 金太郎

Amazon プラレール S-25 EH500 金太郎

商品名 S-25 EH500 金太郎
販売方法 一般販売(定番商品)
販売期間 2017年2月〜
希望小売価格 2,000円(税抜)
 電池 単3電池 1本使用(別売)
笛コン・マスコン対応 ◯対応
機能 2スピード仕様

全体

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

S-25 EH500 金太郎

「S-25 EH500 金太郎」は、機関車2両とコンテナ1両の3両セットです。

前バージョンは、2次車ということで、暗めの赤でしたが、今回は、3次車で明るめの赤となっています。

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

屋上

機関車の屋上は、グレーの一色で、冷房機器やパンタグラフは塗り分けされていません。

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

前面(左:先頭車、右:中間車)

前面には、「EH500-37」と表示してあります。

前照灯の位置、ボディカラーなどは、ちゃんと3次車を再現しています。

前照灯が少し安っぽく見えます。

走行イメージ

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

走行イメージ

先頭車

ボディ

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

先頭車(進行方向←)

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

先頭車(進行方向←)

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

先頭車(進行方向→)

先頭車は、EH500の先頭側です。

片側には、「JRF」のロゴがあり、もう片側には「金太郎」のシンボルマークがあります。

「金太郎」のシンボルマークだけシールで貼ってあり、それ以外はプリントしてあります。

換気用のルーバーは、前バージョンでは成形されていましたが、今回はプリント加工となっていて、クオリティが下がっています。

動力部

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

動力部

動力部は、「マスコン」「笛コン」対応のシャーシになっています。

電池は単三電池で、交換にはドライバーが必要です。

前バージョンは、ハイパワーモーターを搭載していましが、今回は通常のモーターとなっています。

中間車

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

中間車(進行方向←)

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

中間車(進行方向←)

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

中間車(進行方向→)

中間車は、EH500の後方側です。

赤の成形色(プラスチックの色)に、各部プリント・塗装加工を施してあります。

明るめの色の成形色(プラスチックの色)は、プラスチック感が強調されるので、安っぽく見えてしまいます。

その点では、前バージョンは暗めのカラーリングだったので、うまくごまかせていました。

後尾車

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

後尾車(進行方向←)

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

後尾車(進行方向←)

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

後尾車(進行方向→)

後尾車は、液体などを運ぶUT形タンクコンテナ車です。

この車両の台車は、「30Aコンテナ」や「19Gコンテナ」と同じなので、入れ替えて遊ぶこともできます。

30Aコンテナ」や「19Gコンテナ」は、コンテナが簡単に外れてしまいましたが、このタンクコンテナは、ある程度の固定力があるので、外れにくいです。

旧版(2次車)との違い

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

2次車と3次車

今回、商品番号「S-25」の「EH500金太郎」は、リニュアールとなり、2次車から3次車へ変更となりました。

他に何が変わったのでしょうか?

まとめてみました。

  • ボディデザインの変更(2次車→3次車)
  • 新金型によるクオリティの低下
  • 価格の変更(1,800円→2,000円)
  • 動力車の変更(ハイパワーモーター→マスコン・笛コン対応シャーシ)
  • 使用電池の変更(単2電池→単3電池)
  • 速度(1スピード→2スピード)

前バージョンからのマイナス点は、「ボティクオリティの低下」「ハイパワーモーターでなくなった」「200円の値上げ」です。

また、貨車については変更ありません。

プラレール EH500形電気機関車 金太郎(3次車)

2次車と3次車

電気機関車の金型は新しいものとなっていて、マスコン対応させるために、車体も長くなっています。

換気用ルーバーがプリント加工に変更されているのは、残念です。

また、床下の塗装が省略されていたり、プラスチック感が増されていて、全体的に安っぽくなっています。

新旧比較した結果、クオリティは、前バージョンの方が高かったです。

 

▼旧版「S-26 EF500 金太郎(2次車)」のレビューはこちら▼

【プラレール評点】EH500形電気機関車 金太郎(2次車)

2016.11.21

評点・まとめ

hoshi_4.0.9

項目 点数 主な採点理由
ボディのクオリティ 1.4点/2.0点   加工にシールを使用
  成形色が安っぽくみえる
再現性の高さ 1.6点/2.0点   3次車を正確に再現している
ギミックのクオリティ 0.9点/1.0点   マスコン対応
  コンテナを取り外せる

マスコン対応となって、遊び方が広がったのは、良かったですが、機関車のクオリティが下がってしまっていたのは、残念です。

100両以上のプラレール車両を採点!評点ランキング(プラレール車両編)

2016.06.28

評価基準
1点…買わない方がいい 2点…この値段でこれは高い 3点…値段相当 4点…おすすめ! 5点…もし見つけたら絶対買ったほうがいい!

安く買うならAmazon・楽天市場がおすすめ

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧