【プラレール評点】225系0番台 新快速(2017年版)

プラレール 225系0番台 新快速


タカラトミーモール「プラレールショップ」


今回の商品は、昨日発売された「225系 0番台」です。

この「225系」は、今までも販売されていましたが、今回新シャーシとなって、リニューアル発売となりました。

旧版(2013年版)との違いも含めて、レビューしていきます。

では、この商品の点数は?

「225系 新快速」の豆知識

JR西日本の次世代主力車両。

225系0番台

225系0番台

225系は、JR西日本が223系の次世代車両として、2010年から営業運転を開始した直流近郊形電車です。

投入路線別に0番台・5000番台・6000番台が在籍し、2016年には、デザインなどマイナーチェンジをした2次車(100番台・5100番台)を投入しました。

  • 0・100番台 主に東海道・山陽本線、湖西線、北陸本線、赤穂線の新快速・快速で運行。ラインカラーは、白・茶・青・ベージュ。
  • 5000・5100番台 主に阪和線・関西空港線の関空快速・紀州路快速で運行。ラインカラーは青と白のグラデーション。
  • 6000番台 主に福知山線で運行。0番台からの転籍・改番。ラインカラーは、0番と同じですが、前面貫通扉と側面乗務員扉の下部にオレンジ色の細いライン2本が追加されています。

今回プラレール化されたのは、0番台の新快速用の車両です。

商品概要

プラレール S-42 サウンド225系 新快速

Amazon プラレール S-42 サウンド225系 新快速

商品名 Sー42 サウンド225系新快速
販売方法 一般販売(2017年3月〜)
希望小売価格 2,600円(税抜)
 電池 単3電池 1本使用(別売)
単4電池 2本使用(別売)
笛コン・マスコン対応 ◯対応
機能 2スピード仕様
サウンド機能

全体

プラレール 225系0番台 新快速

S-42 225系 新快速

「S-42 225系 新快速」は、3両セットです。

中間車にサウンド機能があります。

プラレール 225系0番台 新快速

屋上

屋上は、冷房機器が塗り分けされています。

プラレール 225系0番台 新快速

前面(左:先頭車、右:後尾車)

フロントマスクは、225系のフォルムを忠実に再現しています。

塗装の完成度も高いですが、運転台の窓とその周りの窓縁は塗り分けして欲しかったですね。

実車の窓縁は、「黒」ではなく、「濃いめのグレー」です。

前面中央には「新快速」の種別がシールで再現してあります。

走行シーン

プラレール 225系0番台 新快速

内側は「2013年版」、外側が今回発売された「2017年版」です。

先頭車

ボディ

プラレール 225系0番台 新快速

先頭車(進行方向←)

プラレール 225系0番台 新快速

先頭車(進行方向←)

プラレール 225系0番台 新快速

先頭車(進行方向→)

先頭車は、パンタグラフ搭載車である「クモハ225」で、敦賀駅・柘植駅側の先頭車です。

ボディは、シルバーの塗装をベースに、ラインカラーなど各部塗装してあり、成形色(プラスチックの色)のままの部分はありません。

なので、かなりリアルな仕上がりになっています。

側面の窓・行先表示器は、黒く塗装してあり、JRのロゴはプリントしてあります。

動力部

プラレール 225系0番台 新快速

動力部

今回、動力部は「マスコン」「笛コン」対応のシャーシに変更となっています。

電池は単三電池で、交換にはドライバーが必要です。

中間車

ボディ

プラレール 225系0番台 新快速

中間車(進行方向←)

プラレール 225系0番台 新快速

中間車(進行方向←)

プラレール 225系0番台 新快速

中間車(進行方向→)

中間車は、パンタグラフ搭載車の「モハ225」です。

225系の丸みを帯びた車体も再現されています。

サウンド部

プラレール 225系0番台 新快速

サウンド部

中間車にはサウンド機能があります。

車両裏にあるネジを緩めて、単4電池を2個設置します。

スイッチは屋上にあり、音の種類は3種類です。

  • 走行時 : ガタンゴトン(走行音)
  • 走行時(ランダム) : 225系のミュージックホーン
  • 停車時 : プシュー(停車音)

発車時用の音はありません。

225系のミュージックホーンがあるのは面白いですが、音の種類がもう少し多いと嬉しかったですね。

音量の調整はできず、大きめの音を発します。

後尾車

プラレール 225系0番台 新快速

後尾車(進行方向←)

プラレール 225系0番台 新快速

後尾車(進行方向←)

プラレール 225系0番台 新快速

後尾車(進行方向→)

後尾車は、「クモハ224」で、上郡駅・播州赤穂駅側の先頭車です。

ボディのシルバーメッキ、4色のラインカラーの完成度が高いです。

特にラインカラーはリアルで、かっこいいです。

旧版との比較

2013年から発売されていた商品と、今回発売された商品を比較してみました。

ちなみに、中間車・後尾車は新旧全く同じもので、おそらく、先頭車のみリニューアルされていると思われます。

プラレール 225系0番台 新快速

先頭車前面(左:2017年版、右:2013年版)

前面はほぼ同じです。

見分けがつきません。

プラレール 225系0番台 新快速

屋上(上:2017年版、下:2013年版)

動力が変更となっているので、スイッチの位置が変わっています。

プラレール 225系0番台 新快速

側面(上:2017年版、下:2013年版)

側面もほぼ同じで、見分けがつきません。

 

今回のリニューアルで見た目は、ほとんど変わってませんでした。

また、サウンド機能も変更ありません。

変更点は以下の通りです。

  • 販売価格の変更 2,400円→2,600円
  • 動力部の変更 単2電池動力→単3電池動力(マスコン・笛コン対応)
  • 速度 1スピード→2スピード

評点・まとめ

hoshi_4.5.7

項目 点数 主な採点理由
ボディのクオリティ 1.9点/2.0点   フォルムは完成度が高い
再現性の高さ 1.9点/2.0点   ラインカラーなど塗装の完成度が高い
ギミックのクオリティ 0.9点/1.0点   安定した走行が可能
  サウンド機能が付いている

高得点だった2013年度と同得点です。

ボディフォルムもボディカラーも旧版同様に完成度が高い仕上がりです。

クオリティが低下してなくて、安心しました。

100両以上のプラレール車両を採点!評点ランキング(プラレール車両編)

2016.06.28

評価基準
1点…買わない方がいい 2点…この値段でこれは高い 3点…値段相当 4点…おすすめ! 5点…もし見つけたら絶対買ったほうがいい!

安く買うならAmazon・楽天市場がおすすめ

旧版と商品名が同じなので、購入時にはご注意ください。

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧