【レビュー】プラレール 東武鉄道500系 リバティ

プラレール S-36 東武リバティ 専用連結仕様
【レビュー】東武鉄道

今回の商品は、「東武500系リバティ」です。新型の連結器を搭載しての製品化となりました。

では、この商品の点数は?

「東武鉄道500系 リバティ」について

東武500系 リバティ(Photo by:T. Hanami / Wikimedia Commons / パブリックドメイン

東武リバティは、東武鉄道の広域な路線を生かした、観光・通勤に便利な特急列車「500系」の愛称です。最大の特徴として、編成の併結・分割機能を持ち、目的地に合わせた自由な運用が可能となっています。

商品概要

商品名 プラレール S-36 東武リバティ 専用連結仕様
 amazon      楽天  タカラトミーモール
販売方法 一般販売
販売期間 2018年4月26日〜
希望小売価格 2,200円(税抜)
 電池 単3電池 1本使用(別売)
のせかえシャーシ(マスコンなど対応) ◯対応
機能 2スピード仕様
連結機能

全体

プラレール S-36 東武リバティ 専用連結仕様

「プラレール S-36 東武リバティ 専用連結仕様」は、3両編成のナンバリングシリーズとして発売されました。

後尾車には連結機能があります。

屋上部

屋上部はきれいに塗装してあります。

パンタグラフ・冷房機器は塗り分けされていません。

前面

後尾車の貫通扉には連結器が格納してあり、そのため先頭車と後尾車でフォルムが異なり、後尾車の方がすこしふっくらした仕上がりになっています。

先頭車

ボディ

先頭車(進行方向←)

先頭車(進行方向→)

先頭車(進行方向←)

先頭車(進行方向→)

シャンパンベージュの成型色をベースに、窓や帯の塗装を施してあります。

動力部

動力部

動力部は、「のせかえシャーシ」となっていているので、「マスコン」などで遊ぶこともできます。

単3電池を1本使用します。

中間車

中間車(進行方向←)

中間車(進行方向→)

中間車(進行方向←)

中間車(進行方向→)

中間車にはリバティのロゴがシールで再現されています。

後尾車

後尾車(進行方向←)

後尾車(進行方向→)

後尾車(進行方向←)

後尾車(進行方向→)

後尾車には連結機能が搭載されています。

連結機能

連結部(左:閉じた状態、右:連結器を出した状態)

連結器は、以前までマグネット仕様でしたが、このリバティから仕様が変更となっています。

屋上部にあるスイッチを押し出すと、連結器が出てきます。

この仕組みは、マグネット仕様(旧版)と同じです。

新しい連結部

新しい連結器は、突起をひっかけて固定するタイプです。

連結した車両

マグネット仕様では、くっつけるだけで連結することができましたが、今回の連結器は、両方の連結器を指で抑え押し込んで連結させます。

連結のしやすさでは、マグネットの方が勝りますが、連結の強度は今回リニューアルした連結器の方が強く、走行中に外れにくくなっています。

評点・まとめ

.6

項目 点数 主な採点理由
ボディのクオリティ 1.7点/2.0点   金型(ボディ)の完成度が高い
 icon-minus-circle 成型色の面積が広い
 icon-minus-circle シールを使用している
再現性の高さ 1.9点/2.0点   500系の特徴を再現
  実車同様の3両編成でプラレールにピッタリ。連結機能で6両編成も再現可能
ギミックのクオリティ 1.0点/1.0点   安定した走行が可能
  連結機能あり

実車同様の3両編成で、連結して6両編成を再現できるのはGOOD

新しい連結器については、賛否がありそうですね。

簡便性は下がりましたが、そのかわり連結の強度が上がっているので、個人的には新しい連結機の方が良いかと感じました。

100両以上のプラレール車両を採点!評点ランキング(プラレール車両編)

2016.06.28

評価基準
1点…買わない方がいい 2点…この値段でこれは高い 3点…値段相当 4点…おすすめ! 5点…もし見つけたら絶対買ったほうがいい!

最安値を探す!

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧