シンカリオン第56話「豆!!鬼のセイリュウ」公式サイトで見逃し視聴とあらすじ

新幹線変形ロボ シンカリオン

「新幹線変形ロボ シンカリオン」の第56話は、『豆!!鬼のセイリュウ』。

あらすじ

2019年2月2日(土)朝7時放送

第56話 豆!!鬼のセイリュウ

©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

地底世界に『ブラックシンカリオン』をもたらした「イザ」。その正体は、8年前の事故で行方不明になっていたシンカリオンの開発責任者、八代イサブロウだった。

ハヤトから、その真実を聞かされた出水司令長と父・ホクトは動揺を隠せない。しかし、「ブラックシンカリオン」「 イザの音声」と八代所長の存在に結びつくものがいくつかあり、彼が敵側についているという可能性は感じてはいた。

「セイリュウの親玉が超進化研究所の所長だった」
運転士にもその事実が伝えられた。その中、上田アズサが、「周りの人がやっかいなら、おじいちゃん(イザ)が何とかしてくれるかもじゃない」と、セイリュウに提案する。そして、スザクのことも気がかりなセイリュウは、一度地底に戻り、イザと話をする決意をする。

キトラルザスの頂点に君臨しているのはカイレンだ。話の通じるやつではない。しかし、カイレンを説得できる可能性があるとしたら、イザだけだ。カイレンたちと戦わずに済む唯一の方法は、イザを頼ることだけ。そのイザを説得できるのは、セイリュウにしかいない。

セイリュウを交渉人として地底に向かう話は、出水司令長にも伝えられ、「第二次地底世界戦略」として、作戦が立てられた。そして、実行本部となった「門司支部」へハヤトたちは向かった。

イザと話をするため、セイリュウの先導で再び地底世界へ乗り込む作戦を立てるハヤトたち。イザは、地底世界の最深部にいる。その入り口は、鹿児島にある桜島の火口だ。火口に侵入するため、作戦はセイリュウ、ハヤト、レイという空を飛べるシンカリオンの運転士で実行されることになったが、三人が一緒に作戦行動をするのは今回が初めてだった。

ハヤトたちが門司支部に到着すると、タカトラ、ギン、ジョウの門司支部の運転士たちは、節分の豆まきをしていた。そう、今日は節分の日だ。

三人での作戦が初めてであり、不安が残っていたため、上層部の判断で急遽、訓練を行うことになる。それは、鬼チームと豆まきチームにわかれて行う「豆まき訓練」だった。

鬼チームは相手チームを全員捕まえたら勝利。そして、豆まきチームは相手チームの誰か一人のお面に豆を当てたら勝利。鬼チームは、地底に侵入する予定のハヤト、セイリュウ、レイの3人だ。残った人たちが、すべて豆まきチームとなった。訓練が始まると、豆まきチームは、鬼チームから逃げ出した。それを、単独先行で追いかける鬼チームのレイ。一人先行するレイは、豆まきチームの罠にひっかかり豆を当てられてしまい、ハヤトたちは敗北してしまう。この結果により、セイリュウは、自分一人で行った方がいいのではとハヤトに提案するが、「それでもセイリュウを一人ではいかせられないよ。レイは必要だ。」と予定通り3機で侵入することになる。

不安を残したまま、作戦は始まった。

E5はやぶさ(ハヤト)」「800つばめ(レイ)」「ブラックシンカリオン(セイリュウ)」の3機は出発した。「E5はやぶさ(ハヤト)」は飛行できないので、「800つばめ(レイ)」は、リンク合体して火口に侵入し、火口内着陸と同時に分離した。

火口内には、敵は見えないが、レーダーには敵の反応がある。すると、カイレンによって飼かい慣ならされている恐竜型のクレアツルスが一匹現れた。コードネームは「サウザンドファング」とされた。「サウザンドファング」は、知能が高く、群れで敵を追い詰める。強靭な脚力から繰り出される爪攻撃も強力で、クレアツルスの中でも最強の一種だと言われていた。

3機のシンカリオンを見つけた「サウザンドファング」は一目散に逃げ出した。「仲間を呼ばれたら問題」と訓練と同様にレイが先行してしまう。飛行できない「E5はやぶさ(ハヤト)」は簡単にはレイを追うことはできなかった。すると、「E5はやぶさ(ハヤト)」「ブラックシンカリオン(セイリュウ)」の周りに、「サウザンドファング」の群が・・・。待ち伏せされていたのだ。撤退を提案するセイリュウだったが、ハヤトは、レイを残しては帰れないと拒否する。「ブラックシンカリオン(セイリュウ)」は、飛行できない「E5はやぶさ(ハヤト)」を敵の群れから避難させ、「800つばめ(レイ)」を助けに向かう。

先行していたレイも、敵の罠にはまっていた。翼をやられ飛行できず「サウザンドファング」に囲まれてしまった。敵に集中攻撃をくらい、絶体絶命の時、「ブラックシンカリオン(セイリュウ)」が助けに来た。すると、「ブラックシンカリオン」が、赤く染まり、「ブラックシンカリオン紅」となった。「ブラックシンカリオン紅(セイリュウ)」は圧倒的なスピードで、敵を撃破するが、敵の数が多く、「800つばめ(レイ)」とともに追い詰められてしまう。背後にはマグマ、前方には多数の「サウザンドファング」。すると、レイの提案で、敵の突進攻撃をギリギリのところで回避し、「サウザンドファング」はマグマに落ちていってしまった。なんとか難を逃れた3機は、退却する。今回の作戦は失敗だった。

しかし、レイが無事で安堵するハヤトたちだった。

←第55話「超・超・超加速!!ブラックシンカリオン紅」

→第57話「今回はキトラルザス特別編!」

→あらすじ一覧

 最新話を無料配信

見逃しても大丈夫です!!

期間限定ですが、公式サイトで無料視聴できます!!

翌金曜日から最新話を視聴できる無料公式動画

第56話視聴期間:2019年2月8日(金)15:00 〜 2019年2月15日(金)14:59

動画サイト:❶YouTube「シンカリオンTV」 ❷TVer ❸TBS FREE ❹GYAO! ❺YouTube「タカラトミーチャンネル」 ❻YouTubeの「コロコロチャンネル」

おすすめの有料配信

「無料配信が終わっちゃった・・・」

「1話から全話見たい!」

とう方は、下記の有料サービスで視聴ができます。

アニメシンカリオンの有料配信

Amazon ビデオ / Amazon プライム / dTV / Google Play / HAPPY!動画どうが / J:COMオンデマンド / ビデオパス / みるプラス / RakutenTV / TSUTAYA TV / アニメ放題ほうだい / U-NEXT / VIDEX / ニコニコにこにこ動画どうが / ひかりTV

この中で「シンカリオン」視聴するのにオススメのサービスは、「Amazonプライム」「dTV」「U-NEXT」の3つです!

なぜなら、他サービスが1話約200円程度で視聴できるのに対して、このサイトは、月額費用で見放題視聴ができてお得だからです。(2018年1月現在の情報です。ご利用時にご確認ください)

しかも、1ヶ月無料体験ができるのです

もし継続しないのであれば、無料体験中でも退会できますよ

月額400円でサービスがいっぱい「Amazonプライム」

Amazonのサービスは、月額400円でプライム・ビデオをはじめ、Amazonの配送特典やPrime Music、プライム・フォトなどが使えます。

月額費用が安く、サービス内容が豊富です!!

非会員だと1話200円ですが、プライム会員なら「シンカリオン」見放題!!

初めての方は、30日間の無料体験ができます。

created by Rinker
¥216 (2019/02/22 04:07:17時点 Amazon調べ-詳細)

月額500円でコスパが高い「dTV」

「dTV」は、docomoが提供しているサービスですが、docomoユーザーでなくとも利用できます。

利用料金は月額500円と安いため、最新映画などはありませんが、「きかんしゃトーマス」や「アンパンマン」などのアニメもあり、コスパが高いサービスです。

もちろん「シンカリオン」も見放題!!

初めての方は、31日間の無料体験ができます。

最新作もある「U-NEXT」

「U-NEXT」は、月額1,990円で「dTV」より高めですが、最新作や雑誌なども視聴できるサービスです

シンカリオン以外にもコンテンツを楽しみたい方はこちらがオススメ!!

こちらも初めての方は、31日間の無料体験ができます。

2018年1月現在の情報です。内容が変更となることがありますので、ご利用前にご確認ください。

DXSシンカリオンの最安値を探す!

アニメシンカリオン情報まとめ

【速報】アニメ 新幹線変形ロボ シンカリオン 最新情報まとめ

2017.10.08

【シンカリオン発売速報】新商品がいつ発売される?発売日一覧

2017.12.31

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧