WordPress

【3年使用】ワードプレス「ストーク STORK・スワロー SWALLOW」を辞めた理由

当サイトは、2016年3月からアルバトロス(ALBATROS)・ストーク(STORK)・スワロー(SWALLOW)とOPENCAGE社のテーマをバージョンアップしながら運用してきましたが、この度、大幅なリニューアルを行い、テーマを変更することにしました。その理由は・・・

当サイトのWORDPRESSテーマの利用歴

当サイトは、開設の2015年3月から3年間にわたりOPENCAGE社のテーマを使用してきました。使用したテーマは下の3つです。

アルバトロス ▶︎ ストーク ▶︎ スワロー

3年間も同じ会社のテーマを使用して来たのは、もちろん満足していたからなのですが、今回大幅なリニューアルとして、他のテーマに変更することにしました。

 

OPENCAGE社のテーマを使ってきた感想

OPENCAGE社のテーマは、使いやすく、シンプルで見やすく、簡単にセンスの良いサイトが作ることができ、コスパの良いテーマです。そういった点から「初心者」「すぐに記事を描きたい人」「デザインが苦手な人」にはベストなテーマだと思います。

特にお気に入りで、一番使いやすかったのは最上位テーマである「ストーク」でした。もし、OPENCAGE社のテーマを購入するなら「ストーク」がおすすめです!

ストークのすごいところ!

  1. SEOに強い!
    SEO対策がしっかりしているので、検索で上位表示されやすいテーマです。
  2. デザインが作り込まれているので、初期のサイト構築期間が短縮できる
    「ストーク」は、デザインの完成度が高いため、初期にサイトをカスタマイズする点が少なく、すぐに記事製作に移行することができます。他のテーマだと、満足するサイトにするまでそれなりの時間を要します。
  3. スマホに強い!
    流入の約70%がモバイル端末からです。「ストーク」は、レスポンシブウェブデザインなので、PCを更新すれば、スマホ・タブレットにも最適なデザインで表示してくれます。そのスマホ表示が、操作しやすく、見やすいのです。
  4. 多くのサイトが採用しているので見慣れていて見やすい
    多くのサイトで使用しているテーマなので、訪問者が見慣れているので、迷いにくい。
  5. シンプルなデザインで見やすい
    トップページ・投稿ページなど、シンプルで見やすいデザインになっています。ボタンや枠などの素材も「ストーク」のデザインに合わせたものが用意してあります。
  6. 定期的にバージョンアップしている
    OPENCAGE社では、定期的に不具合解消や機能追加のバージョンアップを行っています。こういった対応で安心してサイト運営をすることができます。また、バージョンアップに関する費用はかかりません。
  7. 様々な機能が標準装備されている
    ストークには、様々な機能が標準装備されています。ウィジェット機能を使って、広告やバナーを簡単に設定することができます。しかも、PC・モバイル各々に設定ができます。
  8. オリジナルのショートコードが便利!
    「吹き出し機能」や「ボタン」「関連記事表示」などショートコードの機能も充実していて、大変便利です。こういった機能が標準装備されているので、品質の高いサイトを簡単に作ることができます。
  9. 初心者にも簡単にカスタマイズできる
    ストークは、初心者でも使えるテーマです。カスタマイズの設定方法もシンプルです。そして、公式サイトでは操作マニュアルがあるので、悩むことがありません。

最新バージョン「STORK19」が2019年11月にリリース!

\\簡単!シンプルデザインで人気のテーマ最新バージョン//

STORK19のデモサイトを見る

価格 11,000円(税込)

 

 

それでも、OPENCAGE社のテーマをやめた理由

今回テーマを変更した理由は、「もっとサイトを見やすいものにしたい!」というのが一番の理由です。

決して、STORKなどのOPENCAGE社のテーマが見にくいわけではありません。サイトが大きくなるにつれて、「STORKとの相性が合わなくなって来た」という感じです。そして、それを改善するスキルもないので、カスタマイズ機能で対応できるテーマを乗り換えることにしたわけです。

ちなみに、現在でもSTORKは、別サイトに転用して愛用しています。STORKは初心者にはベストなテーマです!!

 

STORKでの課題

  1. デザインがしっかり作り込まれていて変更が難しい
    「ここをこうしたら見やすい」と思っても、デザインのしっかり作り込まれているので、機能としてカスタマイズできるところ以外のデザイン変更が難しい。そして、そんなスキルは持ってない。
  2. カテゴリ・タグ機能をもっと活用したい
    記事数が増えると、カテゴリ別・タグ別により見やすくし、回遊性をあげたいが、そういった機能が少ない。例えば、カテゴリ・タグページのコンテンツ化やカテゴリ・タグアイコンがクリックできるなど。
  3. ページの横連携ツール(レコメンドツール)が少ない・弱い
    ページの回遊性を上げたいが、レコメンドツールのカスタマイズ性が低い
  4. サイトの表示がちょっと遅い
    最近のテーマは高速化されているが、それに比べてSTORKは遅め
  5. 1サイトごとにテーマの購入が必要
    複数サイト使用するとコストが高くなる

 

検討したテーマは2つ

上記の課題を解決できる、STORK以上のテーマとなるとかなり限られます。そして、候補に上がったのが下の2つのテーマです。

候補のテーマ

  • WING(AFFINGER5) 
  • THE・THOR(ザ・トール)

「膨大な設定項目から必要な機能だけをユーザーが自由に選択し、ユーザーが望むデザイン・レイアウトにできる」という点では2つとも似ています。

WING(AFFINGER5)は、機能拡張したEX版や、プラグインでさらなる拡張が可能です。

一方、THE・THOR(ザ・トール)は、14,800円にあらゆる機能が入っていて、かなりコスパの高い商品です。

  STORK
(ストーク)
WING
(AFFINGER5)
THE・THOR
(ザ・トール)
価格 10,800円(税込) スタンダード版
14,800円(税込)
EX版
26,800円(税込)
テーマ&サポートプラン
14,800円(税抜)

リリース 2016年5月 2018年3月 2018年10月
デザイン
(だれでも)

(設定次第)

(設定次第)
高速化
SEO
AMP対応 ×
複数サイト利用 ×
コスパ
対象 初心者〜中級者 中級者〜上級者 初心者〜上級者
特徴 シンプルで見やすく
人気のテーマ
多機能!別売りの
オリジナルのプラ
グイン、子テーマ
で拡張が可能。
多機能!こんだけの機能を
搭載していてこの価格は破格!
コスパが高い。
独自機能として、複数条件
検索がある。
デモサイトを見る STORK WING
(AFFINGER5)
THE・THOR
(ザ・トール)

 

迷った結果・・・WING(AFFINGER5)に決定!

散々迷った結果・・・WING(AFFINGER5)のPACK3を購入しました。

「AFFINGER PACK3」は、AFFINGERの拡張パーツがセットになってお得になっている商品です。

決め手は、「デザイン」と「拡張性の高い機能」でした!

ちょっと予算オーバーしてしまいましたが、満足しています。

「AFFINGER5」については、下記の記事でまとめています。

使用中のテーマ
【AFFINGER5 EX 使用中】購入前に要確認!アフィンガー5の注意点

続きを見る

 

\\当サイトも購入した最強テーマパック//

「AFFINGER PACK3」のくわしい情報

セット価格 55,900円 → 39,800円

 

もし、コスパ重視なら「THE THOR(トール)」の方がオススメです。多機能・高速・SEO対策万全で、1万円代のWordPressテーマでは、一番のおすすめです。

 

\\コスパ最強のテーマ!//

THE THORのくわしい情報

価格 14,800円(税抜)

 

まとめ

現在適用されているテーマは、WING(AFFINGER5)のEX版です。

WINGは多機能なので、設定項目が膨大!マニュアルを見ながら3週間ほどかかりましたが、やりたかったことが色々と実現でき、かなり満足しています。

 

\\当サイトも使用しているWordPressテーマ!//

「AFFINGER5 WING」のくわしい情報

価格 14,800円(税込)※EX版はスタンダード版購入後に追加購入

 

2019年11月7日更新

2019年11月7日に「STROK」をバージョンアップさせた「STORK19」がリリースされました。「STORK」をベースに高速化と機能を拡充してあります。値段もほぼ同じなので、今後「STORK」を購入される方は、「STROK19」をお勧めします。

 

タイプ別のおすすめテーマ

「初心者」におすすめのテーマ

「STORK」「THE THOR」は設定が簡単です。一方、「WING」は、多機能すぎて、使いこなすのに1ヶ月かかりました・・・。

STORK19

WING AFFINGER5

THE THOR

「自分で色々とカスタマイズしたい人・デザインにこだわりたい人」におすすめのテーマ

「WING」「THE THOR」は、膨大な設定項目から必要な機能だけをユーザーが自由に選択し、ユーザーが望むデザイン・レイアウトにすることができます。しかし、なんでもできるため、デザイン・レイアウトに失敗すると、非常に見にくいサイトになってしまいます。デザインやレイアウトに自信はないが、これらのテーマを使いたい場合は、デザイン済みのテンプレートが配布されているので、そちらを使うと良いです。

STORK19

WING AFFINGER5

THE THOR

「複数サイト運営したい人」におすすめのテーマ

「STORK」は1サイトごとにテーマを購入しなければなりませんが、「WING」と「THE THOR」は、複数サイトで使用できます。最初から複数サイト運営するのであれば、「WING」と「THE THOR」の方が安く作ることができます。

STORK19

WING AFFINGER5

THE THOR

「本格的なサイトを作りたい人」におすすめのテーマ

「STORK」はブログ向け、「WING」「THE THOR」はどちらでも対応できるテーマです。

STORK19

WING AFFINGER5

THE THOR

「デザインが苦手な人」におすすめのテーマ

デザインが苦手なら、絶対に「STORK」をオススメします。どんな人でも、シンプルで見やすいサイトを作ることできるテーマです。

STORK19

WING AFFINGER5

THE THOR

「高くても最強のテーマが欲しい人」におすすめのテーマ

「WING」は、EX版やプラグインを購入すると「STORK」「THE THOR」に比べて高額になりますが、使いやすく、便利な機能が多いテーマです。金額さえ気にしなければ、最強のテーマです。

STORK19

WING AFFINGER5

THE THOR

「コスパが最高のテーマが欲しい人」におすすめのテーマ

「THE THOR」は、15,984円で多くの機能が搭載されています。これだけの機能で、この価格なのは破格です!

STORK19

WING AFFINGER5

THE THOR

関連記事

WordPress

2019/12/30

【AFFINGER5 EX 使用中】購入前に要確認!アフィンガー5の注意点

WORDPRESS(ワードプレス)テーマの「AFFINGER5-WING-」は難易度高めのテーマで、テーマ変更するまで、かなり苦労しました。アフィンガー5の良かった点、注意点などをまとめました。コスパ最強「THE THOR(ザ・トール)」も紹介します。

ReadMore

WordPress

2019/12/30

【3年使用】ワードプレス「ストーク STORK・スワロー SWALLOW」を辞めた理由

2018年1月17日にOPENCAGEのwordpress(ワードプレス)新テーマ「スワロー(SWALLOW)」がリリースされました。いままで「アルバトロス」「ストーク」と使用してきましたが、今回「スワロー」にテーマを変更しました。新テーマの特徴がいまいちよくわからない・・・。なので、『価格』『デザイン』『カスタム機能』について「ストーク」と比較してみました。

ReadMore

WordPress サイト運営

2019/12/29

最強と言われたWordPressテーマ「アルバトロス」を約2年間使用して思ったこと

サイト運営ツール「WordPress(ワードプレス)」のテーマ「アルバトロス」を約2年間使用していました。そして、その後は、「アルバトロス」の後継テーマである「ストーク」を使用していました。

ReadMore

-WordPress

Copyright© プラテツ , 2020 All Rights Reserved.