レビュー(小田急電鉄)

【レビュー】プラレール S-37 小田急ロマンスカー 50000形 VSE(2005年版)

プラレール 小田急ロマンスカー 50000形

「小田急ロマンスカー 50000形 VSE」は、デザインが斬新ながらもシンプルで、かっこいいですよね。内装は木目調で落ち着きますし、何度も乗りたい車両です。では、その点数は?

「小田急ロマンスカー 50000形」とは

展望席のある観光輸送に特化した特急

2005年から小田急電鉄で箱根方面への観光客輸送を目的として開発された特急車両で、新宿駅と箱根湯本駅の間を運行しています。愛称はVSE(VAULT SUPER EXPRESS)です。先頭・後尾車には、展望席があり、3号車には4人ボックスシートに大きなテーブルを設けたサルーン席があります。

30000系(EXE)で失墜したロマンスカーブランドの復権させることが目的

小田急特急の利用者は、ビジネス利用の増加もあり、年々増加していましたが、一方で箱根への観光利用としては、大幅に減少していました。(約15年ほどで45%も減少していたそうです)それを深刻な問題と捉えた小田急は市場調査を行い、「ロマンスカーで箱根に行くかどうかを検討する大きな要因として、展望席の存在がある」ということがわかったそうです。しかし、当時最新型の30000系(EXE)には、展望席がなく、観光用特急としては不評であったため、別の交通手段に転移していたと考えられたのです。そして、小田急ロマンスカーブランドの復権を目的として、展望席がある観光輸送に特化したロマンスカーとして「VSE」が誕生しました。

商品概要

プラレール S-37 小田急ロマンスカー50000形

amazon プラレール S-37 小田急ロマンスカー50000形

商品名 プラレール S-37 小田急ロマンスカー 50000形
販売方法 通常販売(2005年5月〜2017年5月)
希望小売価格 1,800円
 発売年月 2005年5月
 電池 単3電池 1本使用
機能 2スピード仕様

 先頭車

ボディー

プラレール 小田急ロマンスカー 50000形

前面(左:先頭車、右:後尾車)

窓がクリアすぎて、中の電池が丸見え。

プラレール 小田急ロマンスカー 50000形

先頭車

VSEの特徴である曲線が丁寧に再現してあります。側面には「ROMANCECAR VSE」の表記があります。

先頭車 側面

先頭車

実車でいうと、1号車+3号車+10号車のセットになります。

プラレールでは珍しく、窓にはプラスチックがはめてあり、窓の完成度は高いです。

しかし、中の動力部が丸見えなのが、マイナス点ですね。

動力部

プラレール 小田急ロマンスカー 50000形

シャーシ

ドライバーを使わずに電池交換が可能です。電池は単3電池で、電池カバーが付いています。

速度変更は、2段階です。

中間車

プラレール 小田急ロマンスカー 50000形

中間車

実車同様にパンダグラフは2つ付いています。

プラレール 小田急ロマンスカー 50000形

中間車

カフェ、サルーン席がある「3号車」が中間車両となっています。

後尾車

プラレール 小田急ロマンスカー 50000形

後尾車

非動力車です。デザインは、先頭車とほぼおなじ。

プラレール 小田急ロマンスカー 50000形

後尾車

残念ながら、側面の行き先表示は、表示してません。

まとめ

小田急線 ロマンスカーVSE 50000形

プラレール S-37 小田急ロマンスカー 50000形

項目 点数 主たる減点理由
ボディのクオリティ 1.8点/2.0点  窓から内部が丸見え
再現性の高さ 1.8点/2.0点  側面行き先表示なし
ギミックのクオリティ 0.9点/1.0点  ライトなどのギミックなし

VSE特有のフォルムなど実車の特徴をよく捉えてある商品です。

この価格で、この品質なら十分です!

ランキング
ランキング プラレール車両編
100両以上のプラレール車両を採点!評点ランキング(プラレール車両編)

続きを見る

リニューアル版(2017年5月発売)の情報

プラレール 小田急電鉄50000形 ロマンスカーVSE
【レビュー】プラレール S-37 小田急ロマンスカー 50000形 VSE(2017年版)

続きを見る

最安値を探す!

created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥3,300 (2024/04/20 20:06:54時点 Amazon調べ-詳細)

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。

 

小田急電鉄の記事

プラレール リアルクラス 小田急ロマンスカー3100形NSE

発売情報(一般)

2023/4/13

「プラレール リアルクラス 小田急ロマンスカー3100形NSE」2023年6月発売

プラレールに「プラレール リアルクラス 小田急ロマンスカー3100形NSE」が登場!!

プラレール 小田急ロマンスカー・VSE(50000形)ありがとう!VSE仕様

発売情報(一般)

2022/8/31

「プラレール 小田急ロマンスカー・VSE(50000形)ありがとう!VSE仕様」2022年10月発売

プラレールに「プラレール 小田急ロマンスカー・VSE(50000形)ありがとう!VSE仕様」が登場!!

プラレール ライト付 小田急通勤車両5000形

発売情報(限定)

2021/4/27

【限定】「プラレール ライト付 小田急通勤車両5000形」2021年5月発売

小田急電鉄限定プラレールとして、「ライト付 小田急通勤車両5000形」が発売となります。小田急通勤車両型プラレールの発売は、2005年 10月に発売した8000形以来、15年ぶりとなります。

プラレール ライト付 小田急ロマンスカー7000形LSE

発売情報(限定)

2021/3/26

【限定】「プラレール ライト付小田急 ロマンスカー7000 形 LSE(1両編成仕様)」2021年6月発売

ロマンスカーミュージアムの館内限定プラレールとして、「ライト付小田急 ロマンスカー7000 形 LSE(1両編成仕様)」が発売となります。

プラレール S-52 小田急ロマンスカー GSE70000形

レビュー(小田急電鉄)

2019/3/14

【レビュー】プラレール S-52 小田急ロマンスカー GSE70000形

光り輝く薔薇色の車体が目を引くGSE70000形は「箱根につづく時を優雅(Graceful)に走る」をコンセプトに、2018年3月にデビューした小田急の新型特急です。最大の特徴である大きな窓は、前面展望・側面ともにVSE・MSEに比べて高さを30cm広げ1mに拡大。全座席からの眺望を最大化しました。今回は、ナンバリングシリーズとして製品化されました。プラキッズ1体付きで、後尾車に乗せることもできます。

発売情報(一般)

2019/2/2

「プラレール S-52 小田急ロマンスカー GSE70000形」2019年3月発売

大人気の特急車両「小田急ロマンスカーGSE」がナンバリング商品として登場!3両目にプラキッズをのせることもできる!

小田急電鉄の記事をもっと見る

 

発売予定の新商品情報はこちら

イベントカレンダー
【最新2023年版】プラレールのイベント・発売情報カレンダー

続きを見る

 

新着の新商品情報

プラレール 相鉄12000系

発売情報(限定)

2024/4/18

【限定】「プラレール 相模鉄道12000系」2024年4月発売

プラレールに「プラレール 相模鉄道12000系」が登場!!

プラレール たべっ子水族館 ラッピングトレイン

発売情報(一般)

2024/3/29

「プラレール たべっ子水族館 ラッピングトレイン」2024年5月発売

プラレールに「プラレール たべっ子水族館 ラッピングトレイン」が登場!!

プラレール たべっ子どうぶつ ラッピングトレイン

発売情報(一般)

2024/3/29

「プラレール たべっ子どうぶつ ラッピングトレイン」2024年5月発売

プラレールに「プラレール たべっ子どうぶつ ラッピングトレイン」が登場!!

トップページへ

 

-レビュー(小田急電鉄)
-,