レビュー(JR東日本・北海道の新幹線)

【レビュー】プラレール S-10 E4系新幹線Max(連結仕様)

プラレール E4系新幹線Max

今回は、E4系新幹線MAXです。

廃車も進んでおり、引退が近いとも噂されていて、この車両が引退すると2階建車両の新幹線が消えてしまうので、動向が気になる車両のひとつです。

では、この商品の点数は?

「E4系新幹線 Max」の豆知識

 2代目のMAX新幹線

 E4系新幹線は、JR東日本が200系の老朽化による車両置き換えのため、1997年より営業運転を開始した新幹線車両です。E1系新幹線の発展形車両で、E1系新幹線と同様に全車2階建車両となっており、愛称も、E1系新幹線と同じ「Max」の愛称が付けられています。最高速度は、240km/hで他の新幹線と比べると遅めで、速度よりキャパシティーを重視した車両となっています。E1系新幹線は、12両編成で他の新幹線と連結しての運用はありませんでしたが、E4系新幹線は、他の新幹線と連結しての運行を想定して開発されています。そのため、1編成は8両編成で、他の新幹線と連結した際に、プラットホーム有効長の16両を超えないようになっています。E4系新幹線同士の連結も可能で、連結した16両の定員は1,634人で高速鉄道車両としては世界最大級です。東北新幹線からは、すでに引退しており、現在は「MAXとき」「MAXたにがわ」として上越新幹線のみの運用となっています。現在の塗装は、E1系新幹線のリニューアル塗装をベースにしたものとなっており、「朱鷺(とき)色」と言われるピンク帯の塗装と、車体側面には、朱鷺のイラストがプリントされています。今回のプラレール化されているのは、リニューアル後の「朱鷺色」となっています。

商品概要

プラレール S-10 E4系 新幹線Max (連結仕様)

Amazon プラレール S-10 E4系 新幹線Max (連結仕様)

商品名 プラレール S-10 E4系新幹線Max(連結仕様)
 amazon      楽天
販売方法 一般販売(2014年6月〜)
希望小売価格 2,200円(税抜)
 電池 単3電池 1本使用(別売)
笛コン・マスコン対応 ◯対応
機能 2スピード仕様
連結機能

先頭車

ボディ

プラレール E4系新幹線Max

プラレール E4系新幹線Max

「S-10 E4系新幹線Max (連結仕様)」は、3両セットです。

プラレール E4系新幹線Max

屋上

屋上には、作業員用の滑り止め部分(グレー部分)も塗装されています。

プラレール E4系新幹線Max

前面(左:先頭車、右:後尾車)

特徴的な流線ボディーは、よく再現されています。

しかし、前照灯がグレーで塗装されているだけで、安っぽいです。

後尾車には、連結機能があり、先端部分が開閉できるようになっています。

プラレール E4系新幹線Max

先頭車(進行方向←)

先頭車はE453形で、1号車(東京側)に組成される車両です。

先頭車には連結機能はありません。

プラレール E4系新幹線Max

先頭車(進行方向→)

側面には、朱鷺(とき)モチーフとしたシンボルマークのシールが貼ってあります。

動力部

プラレール E4系新幹線Max

動力部

動力部は、「マスコン」「笛コン」対応のシャーシになっています。

電池は単三電池で、交換にはドライバーが必要です。

中間車

プラレール E4系新幹線Max

中間車(進行方向←)

中間車は、パンタグラフ搭載車のE455形またはE458形で、実車では4号車か6号車に組成されます。

小さいですが、転落防止幌も再現されています。

プラレール E4系新幹線Max

中間車(進行方向→)

側面の「種別・行き先表示器」には、なにも表示してありません。

側面の窓は、全車両くりぬき型となっています。

後尾車

プラレール E4系新幹線Max

後尾車(進行方向→)

後尾車は、E444形で8号車(新潟側)に組成される車両です。

プラレール E4系新幹線Max

後尾車(進行方向←)

ボディのカラーは、実車にかなり近いです。

後尾車両に連結機能があります。

プラレール E4系新幹線Max

連結部とスイッチ

天井部のつまみを引くと連結器が出てきて、磁石により連結できるようになっています。

連結器の出し入れはとてもスムーズです。

プラレール E4系新幹線Max

連結させてみた

連結機能が磁石ならN極とS極で車両に相性があるのかと、思っていたのですが、どの車両でも連結できます。

おもちゃながら、よくできていると思います。

ただし、連結は外れやすいです。

レールのつなぎ目に段差があると、後続の車両がひっかかり、連結が外れてしまうことがあります。

磁石がもう少し強ければ嬉しいのですが。

また、連結した場合、後方の電動車は逆方向を向いているので、先頭の電動車が後方の車両も含めて全車両を牽引しかればなりませんので、速度はかなり落ちます。

まとめ

プラレール E4系新幹線Max

プラレール S-10 E4系新幹線Max(連結仕様)

項目 点数 主な採点理由
ボディのクオリティ 1.7点/2.0点   前照灯が安っぽい
再現性の高さ 1.8点/2.0点   特徴的な流線ボディーを再現
ギミックのクオリティ 0.9点/1.0点   連結機能が付いている
  連結器の磁石が弱い 

特徴的な流線ボディーを見事に再現してありますが、前照灯が安っぽくて残念です。

連結機能は面白い!

ランキング!
ランキング プラレール車両編
100両以上のプラレール車両を採点!評点ランキング(プラレール車両編)

続きを見る

最安値を探す!

created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥1,573 (2020/10/27 01:00:18時点 Amazon調べ-詳細)

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。

 

新幹線の記事

SC-02 JR九州 WAKU WAKU ADVENTURE 新幹線

発売情報(一般)

2020/8/26

「プラレール SC-02 JR九州 WAKU WAKU ADVENTURE 新幹線」2020年冬頃発売

プラレールのSCシリーズに「SC-02 JR九州 WAKU WAKU ADVENTURE 新幹線」が登場!!

プラレール かっこいいがいっぱい!新幹線 N700S立体レイアウトセット

発売情報(一般)

2020/8/3

「プラレール かっこいいがいっぱい!新幹線 N700S立体レイアウトセット」2020年9月発売

新型新幹線「N700S」走行開始記念!ボリューム満点のオールインワンセットが再登場!!

プラレール いっぱいつなごう 923形ドクターイエロー

レビュー(JR東海・西日本・九州の新幹線)

2020/7/21

【レビュー】プラレール いっぱいつなごう 923形ドクターイエロー

新幹線電気軌道総合試験車「ドクターイエロー」は、新幹線の高速運転を支える様々な設備の状況を走りながら測定する、言わば「新幹線のお医者さん」です。約10日に一度の周期で、電気設備や軌道設備などの状態を計測。ここで得られたデータは、日々実施している各設備のメンテナンスの基礎資料として活用されています。 今回は、「いっぱいつなごうシリーズ」として製品化されました。

プラレール ぼくもだいすき!たのしい列車シリーズ ありがとう東海道新幹線700系

レビュー(JR東海・西日本・九州の新幹線)

2020/8/21

【レビュー】プラレール ぼくもだいすき!たのしい列車シリーズ ありがとう東海道新幹線700系

1999年に営業運転を開始した700系第四世代と呼ばれる新幹線用車両です。引退を記念して特別な装飾が施され、2020年3月に東海道新幹線区間を引退しました。今回は、たのしい列車シリーズとして製品化されました。

発売情報(一般)

2020/8/25

「プラレール いっぱいつなごう 923形ドクターイエロー」2020年7月発売

プラレールのいっぱいつなごうシリーズから「923形ドクターイエロー」が登場!!

発売情報(一般)

2020/8/20

「プラレール ぼくもだいすき!たのしい列車シリーズ ノスタルジックTOKYO 0系新幹線」2020年6月発売

プラレールのぼくもだいすき!たのしい列車シリーズに「ノスタルジックTOKYO 0系新幹線」が登場!!

新幹線の記事をもっと見る

 

発売予定の新商品情報はこちら

イベントカレンダー
【最新2020年版】プラレールのイベント・発売情報カレンダー

続きを見る

 

新着の新商品情報

MODEROID シンカリオン ドクターイエロー

発売情報(一般)

「MODEROID シンカリオン ドクターイエロー」2021年4月発売

モデロイドから「MODEROID シンカリオン ドクターイエロー」が発売されます。

MODEROID シンカリオン E5×ドクターイエロー

発売情報(限定) 発売情報(シンカリオン)

【限定】「MODEROID シンカリオン E5×ドクターイエロー」2021年4月発売

モデロイドから「MODEROID シンカリオン E5×ドクターイエロー」が発売されます。シンカリオンモードをリアル再現したプラスチックモデルのシンカリオンです。

プラレール京急デト11・12形

発売情報(限定)

【限定】「プラレール 京急デト11・12形」2020年10月発売

京急電鉄限定販売プラレールとして、「京急デト11・12形」が発売となります。 「プラレール 京急デト11・12形」は、1988年7月に登場した資材運搬用の電動貨車の京急デト11・12形がモデルで、事業用車両のため運転本数が少なく、出会えることが稀なため、見ると幸せになれる「元祖 幸せの黄色い電車」として人気です。

トップページへ

 

-レビュー(JR東日本・北海道の新幹線)
-, , ,

Copyright© プラテツ , 2020 All Rights Reserved.