【プラレール評点】EF510 寝台特急カシオペア

プラレール 寝台特急カシオペア


タカラトミーモール「プラレールショップ」


2016年3月に「カシオペア」の運行が終了し、EF510はJR貨物へ売却したので、もうこの編成での運行はできなくなってしまいました。プラレールの販売ももうそろそろ終わりでしょうか?では、その点数は?

「寝台特急カシオペア」の豆知識

高い人気のあった「カシオペア」

寝台特急カシオペア

寝台特急カシオペア

カシオペアは、上野駅ー札幌駅間を運行していた寝台特急列車です。

本州と北海道を結ぶ寝台特急として、1988年より「北斗星」が、1989年より「トワイライトエクスプレス」が運行されていましたが、JR東日本がさらなる高品質なサービスを提供するため、全客室を2名用A寝台個室としたE26系を製造し、1999年より運行を開始しました。

北海道新幹線の開業により青函トンネルを含む約82キロが新幹線と在来線の共用走行区間となり、架線電圧が在来線の交流2万ボルトから新幹線の交流2万5000ボルトへと変更されました。

架線の昇圧に伴い、従来の電気機関車では通過することができなくなり、かつ、走行可能なEH800形電気機関車をJR東日本が保有していなかったため、高い人気のある列車でしたが、2016年3月に運行が終了となりました。

上野駅ー青森駅間を牽引したEF510 500番台

EF510

EF510(Photo by:Rsa)

EF510形電気機関車、JR貨物が保有している交直流電気機関車です。

2016年までは、JR東日本も500番台を15機保有していましたが、「北斗星」「カシオペア」の運行終了などの影響もあり、全機JR貨物へ売却されました。

15機のうち、509号機・510号機が、E26系に準じたシルバーメタリックの車体に流星と五本帯を入れた「カシオペア色」で製造され、カシオペアの運行としては、上野駅ー青森駅間の牽引を担当していました。

今回プラレール化されている509号機は、JR貨物への売却後、車体のシルバーメタリックのボディは残したまま、流星や五本帯を取った状態で活躍しています。

1編成しかないE26系

E26系

E26系

E26系は、JR東日本が1999年に製作した寝台客車で、JR発足後初めて製造された客車です。

すべての客室を2人用A寝台個室で構成し、高水準の接客設備をもつ寝台列車として開発されたました。

12両1編成のみがが製作され、上野駅ー札幌駅間の寝台特急「カシオペア」として運行を開始しました。

「カシオペア」の運行終了後は、団体ツアー列車として運行されています。

商品概要

プラレール S-41 寝台特急カシオペア

amazon プラレール S-41 寝台特急カシオペア

商品名 S−41 寝台特急カシオペア
販売方法 通常販売(2010年12月〜)
希望小売価格 1,800円(税抜)
 電池 単2電池 1本使用(別売)
笛コン・マスコン対応 ×未対応
機能 1スピード仕様

先頭車

ボディ

プラレール 寝台特急カシオペア

前面(左から、先頭車、中間車、後尾車)

EF510-500番台(カシオペア色)、E26系先頭車、E26系後尾車の3両セットになっています。

EF510のライトが安っぽさを出しています。

E26系の前面は、後尾車に「カシオペア」マークがあるだけなので、締まりがないです。

プラレール 寝台特急カシオペア

先頭車

EF510の金型はよくできています。

しかし、ヘッドライト、ヘッドマーク、流星、5色帯などが多くの場所がシールとなっています。

プリントされていないのが残念。

プラレール 寝台特急カシオペア

先頭車

側面には、「EF510-509」「EAST JAPAN RAILWAY COMPANY」とプリントされています。これは「GOOD!」。

実際にはもう少しシルバー感があるのですが、そこまで再現されていません。

動力部

プラレール 寝台特急カシオペア

シャーシ

シャーシは、「笛コン、マスコン」非対応です。

ボディを爪で固定するタイプなので、電池交換にドライバーは不要です。

中間車

プラレール 寝台特急カシオペア

中間車

中間車は、「カハフE26形」です。

「ラウンジカー」として、札幌方面の客車の先頭車として組成されます。

床下空間には発電設備を備えており、電源車として機能もあります。

プラレール 寝台特急カシオペア

中間車

五色帯、カシオペアのロゴ、ドアの窓はシールになっています。

屋根や側面のシルバー部分は、よく再現されているのですが、EF510と同様に、先端部分(前面)のシルバーメッキ部分は、シルバー感がなく、実車以上に浮いてしまっています。

後尾車

プラレール 寝台特急カシオペア

後尾車

後尾車は、「スロネフE26形」です。

展望室付個室「カシオペアスイート」がある車両です。

プラレール 寝台特急カシオペア

後尾車

五色帯だけでなく、客室窓までもがシールになっています。

評点・まとめ

hoshi_3.53.9

項目 点数 主な採点理由
ボディのクオリティ 1.4点/2.0点   シールを多用している
再現性の高さ 1.6点/2.0点   EF510や客室前面のシルバー感が弱い
ギミックのクオリティ 0.9点/1.0点   ライトなどのギミックなし 

EF510の型や、E26系の前面以外のシルバーメッキはよくできています。

しかし、シールが多用されているのが、とても残念です。

子供は結構乱暴に扱うので、すぐシールはとれてしまうんですよね。

100両以上のプラレール車両を採点!評点ランキング(プラレール車両編)

2016.06.28

評価基準
1点…買わない方がいい 2点…この値段でこれは高い 3点…値段相当 4点…おすすめ! 5点…もし見つけたら絶対買ったほうがいい!

安く買うならAmazon・楽天市場がおすすめ

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

スポンサーリンク

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧