【プラレール評点】DXS01 新幹線変形ロボ シンカリオン E5 はやぶさ

新幹線変形ロボ シンカリオン

アニメ放送開始に伴い、玩具のシンカリオンも「DXSシリーズ」となってリニューアルしました。

旧版の問題点を改善し、すごく進化してました!!

▼旧版のレビューはこちら▼

【プラレール評点】シンカリオン E5 はやぶさ

2016.10.20

 

商品概要

 

商品名 新幹線変形ロボ シンカリオン DXS01 シンカリオン E5 はやぶさ
 amazon      楽天
発売日 2017年12月28日
希望小売価格 4,500円(税抜)

商品内容

セット内容

  • シンカリオン E5はやぶさ(3両編成)(1)
  • カイサツソード(1)
  • ウイング(A、B)(1)
  • ヘッドギア(E5仕様)(1)
  • Shinca(E5仕様)(1)
  • 取扱説明書(1)

「Shinca(キラキラメタリック仕様)」オモテ

「Shinca(キラキラメタリック仕様)」ウラ

「DXS シンカリオン E5&E6 超連結セット」は、単品シンカリオンのE5とE6がセットになった商品で、「Shinca」がキラキラメタリック仕様となっています。

上の写真の「Shinca」は、「DXS シンカリオン E5&E6 超連結セット( amazon)」のキラキラメタリック仕様です。

写真だとわりにくいですが、シール部分がキラキラになって、フレームも通常版と違います。(通常版はクリアパーツ)

「Shinca」には、QRコードが印刷してあり、別売のシンカギアと連動して遊ぶことができます。

新幹線モード

新幹線モード

新幹線モードでは、つなぎ目やボディへの穴はありますが、実車をよく再現しています。

もちろんプラレールとして、レールに乗せて遊ぶことができます。

モーター車がないので、手押しで遊ぶことになります。

旧版の初期ロットでは、新幹線モードを維持するギミックがゆるく、非常に不安定でしたが、今回のDXSでは安定しています。

新幹線モード 屋上部

中間車の屋上部には、スイッチらしき穴が空いています。

今後、別売りで動力車が発売されるのかもしれません。

先頭車

先頭車(進行方向←)

先頭車(進行方向→)

先頭車は、変形すると「シンカリオン」の上半身になります。

中間車

中間車(進行方向←)

中間車(進行方向→)

中間車は、武器倉庫となっています。

台車とボディが取り外しできるようになっているので、今後の色々と拡張できるようです。

後尾車

後尾車(進行方向←)

後尾車(進行方向→)

後尾車は、変形すると「シンカリオン」の足部分になります。

旧版では、先端部から一発変形用のギミックが飛び出ていましたが、DXS版では廃止となっているので、車両モードではよりスマートになっています。

シンカリオンモード

下半身(後尾車)の変形

変形1:後尾車を用意

変形2:脚をひらきます

変形3:脚をまっすぐにのばします

変形4:脚のつま先とかかとを出して、完成!

変形ギミックは旧版から大きく改善されています。

大きな変更点

  • 一発変形ボタンがなくなった
    一発変形ができなくなって大きなマイナス点のようですが、元々使いづらいギミックだったので、不便はありません。旧版では、先端部から一発変形用のギミックが飛び出ていましたが、省略されたので、車両モードでよりスマートになりました。
  • 膝関節が動くようになった
    旧版では棒立ちでしたが、DXSから膝が可動するようになりました。しかし、股関節は動きません。
  • 脚が長くなった
    車両モードでは脚が畳まれて収納されているので、シンカリオンモードで脚を伸ばして変形します。
  • 爪・かかとのギミック変更
    旧版では引っ張り出すだけでしたが、DXSからは爪とかかとをドッキングさせてから、引っ張り出します。カチッというまで、引っ張らないと安定して立ちません。

上記の変更によって、車両モードでは、より実車に近づき、シンカリオンモードでは可動範囲が広がり、スマートになっています。

 

また、全体的に言えることなのですが、ギミックが固めになっています。

小さい子供は少し大変ですが、ゆるさが原因で勝手にギミックが動くようなことはなくなっています。

上半身(先頭車)の変身

変形1:先頭車を用意

変形2:肩を広げて、ジョイントに接続

変形3:腕と拳をだす

変形4:胴体を引き出すと頭が出て完成!

上半身も旧版から大きく改善されています。

大きな変更点

  • 腕パーツのジョイント部分が強化
    旧版では外れやすかった腕パーツの仕様が大きく変わり、胸部分とのジョイントが強化されています。また、旧版では腕を分離できましたが、DXSでは外れなくなっています。
  • 頭の開閉パーツが改善された
    旧版では破損しやすかった頭の開閉パーツが強化されています。
  • 顔がよりイケメンに
    頭が少し大きくなって表情がわかりやすくなり、アニメ版と同じイケメンになりました。
  • 拳が動くようになった
    旧版では腕は固定されていたので、動きませんでしたが、DXSでは拳は収容式になっていて、可動します。
  • 首が動く
    首が上下左右に動くので、様々なポーズの再現が可能

旧版では、難点があった上半身ですが、DXSでは見事に解消しています。

また、頭のトサカの部分も収納されていて、完成時に出すのですが、出しずらく、すぐに元に戻ってしまうのは、マイナス点です。

下半身と上半身を合体!

合体:上半身と下半身を合体!

そして、上半身と下半身を合体させれば完成です。

カッコイイ!!!!

すごく進化しています!!

 

旧版も決して悪くないですが、DXSと比較すると、差が歴然!

旧版を持っていても、DXSを買う価値あります!!

 

ちなみに、旧版が勝っていることは、「変身ギミックの簡便さ」と「安定感」です。

DXSでは、シンカリオンモードのプロポーション向上や膝可動のため、変形ギミックのレベルが上がっています。

さらに、膝が可動することにより、安定感が少し下がっています。(気になるほどではありませんが・・・)

武器を装備

中間車は武器倉庫

中間車は武器倉庫になっています。

「ヘッドギア」「カイサツソード」「ウイング」を収納できます。

武器を装備したシンカリオンE5はやぶさ

武器も旧版では成型色1色でしたが、成型色に塗装とクリアパーツを使用していて、完成度が上がっています。

先頭部は開閉し「グランクロス」を再現できます

先頭部は開閉し「グランクロス」を再現できます。

少し開閉しずらいですが、カッコイイ!! 

リンク合体

E5&E6のリンク合体(上半身がE5)

E5&E6のリンク合体(下半身がE5)

E6系と合体させるとリンク合体ができます。

リンク合体用の「ヘッドギア」も装着させて完成です。

 

正直なところ、リンク合体はイマイチ・・・。

せっかくの統一感が失われるので、、ごちゃごちゃになります。

しかし、子供はいろんなシンカリオンと合体できるので、楽しめそうです。

ちなみに、旧版シンカリオンともリンク合体できます。

オリジナル武装

「シンカリオンE5はやぶさ」にヘッドギアを装着してみました。

グリーンのクリアパーツの武器は、初回購入特典のものです。

ポージングもとりやすくなりました。

 

シンカリオンの面白いところは、拡張性が高いこと。

パーツ用の穴がたくさん空いているので、他シンカリオンの武器パーツなどを追加してオリジナルのシンカリオンを作って遊べます。

評点・まとめ

.7

項目 点数 主な採点理由
ボディのクオリティ 1.9点/2.0点   シンカリオンモードがスマートでカッコイイ!
  武器が塗装され、クリアパーツも使用されている
再現性の高さ 1.9点/1.0点   E5系の特徴的なデザイン・カラーを再現
ギミックのクオリティ 1.9点/2.0点   旧版の問題点を大きく改善
  先頭部のグランクロスがGOOD!
  股関節が動かない
  頭のトサカが出しずらい

名前の通り、今回は、すごく進化しています!

スタイルが良くなり、子供の玩具としても安定しています。

 

ただ、また関節が可動しないのが、高評価なだけに本当に残念・・・。

 

旧版から500円値上げしましたが、コスパは上がっていて、旧版を持っていても、買う価値がありです!

評価基準
1点…買わない方がいい 2点…この値段でこれは高い 3点…値段相当 4点…おすすめ! 5点…もし見つけたら絶対買ったほうがいい!

最安値を探す!

アニメシンカリオン情報まとめ

【速報】アニメ 新幹線変形ロボ シンカリオン 最新情報まとめ

2017.10.08

【シンカリオン発売速報】新商品がいつ発売される?発売日一覧

2017.12.31

▶︎イベント・発売情報 カレンダー

▶︎プラレール カタログ

▶︎路線別 プラレール まとめ

人気のコンテンツ

イベントカレンダー

路線別プラレール一覧